w-inds.が六本木の夜景をバックにライブ 橘慶太「次に来るときはゲームで…」

 3人組ダンス&ボーカルユニットw-inds.が、ニューアルバム『100(ワンハンドレッド)』の発売を記念し、東京・六本木ヒルズ29階のYouTube Space Tokyoで18日、プレミアムライブを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 メンバーはシックなジャケットスタイルで、東京の夜景をバックに登場。緒方龍一は抽選で招待されたファン90人に向け、「土曜日の夜ということで、みなさん1週間お疲れさまでした。最近はみんな普段、どんなふうに生活してたかな? 僕たちの音楽で…この週末…」とささやくように語りかけると、橘慶太は「ちょっとおしゃれに行こうとしてない?」と笑顔でツッコミを入れ、千葉涼平は「わかるよ、夜景も綺麗だしさ」とフォロー。3人の掛け合いで一気に和やかなムードとなった。

 ライブはアルバム1曲目を飾るサマーチューン「Bring back the summer」から始まり、バンドアレンジによって生まれ変わった初期の代表曲「SUPER LOVER 〜I need you tonight〜」を披露。合間のMCでは、最近YouTubeでゲーム実況配信を始めたという慶太が「チャンネル登録者数が1万人になったら、ここ(YouTube Space Tokyo)でゲームしていいって言われたので、次ここに来るときはゲームだって決めてます」と話し、笑いを誘った。

 後半は、慶太が初セルフプロデュース曲として話題となった「We Don’t Need To Talk Anymore」、ニューアルバムからは「Temporary」、「We Gotta go」、先行シングル「Dirty Talk」を披露。ハイクオリティーなパフォーマンス、豪華なバンド編成によるライブアレンジで魅了した。この模様はYouTubeで全世界に生配信された。

■『w-inds. New Album「100」Premium Live from YouTube Space Tokyo』
1. Bring back the summer
2. SUPER LOVER 〜I need you tonight〜
3. We Don’t Need To Talk Anymore
4. Temporary
5. We Gotta go
6. Dirty Talk

関連写真

  • ニューアルバム『100』発売記念ライブを開催したw-inds.
  • YouTube Space Tokyoでプレミアムライブを開催
  • 橘慶太「次ここに来るときはゲームだって決めてます」
  • 千葉涼平=ニューアルバム『100』発売記念ライブ
  • 緒方龍一=ニューアルバム『100』発売記念ライブ
  • ニューアルバム『100』発売記念ライブを開催したw-inds.

オリコントピックス

メニューを閉じる