ドラマ&映画 カテゴリ

香里奈、『高嶺の花』後半戦で重要人物 峯田和伸は「数秒でファンに」

 女優の香里奈が22日に放送される石原さとみ主演日本テレビ系連続ドラマ『高嶺の花』(毎週水曜 後10:00)第7話よりレギュラー出演することがわかった。峯田和伸演じる優しさだけが取り柄の男・風間直人が出会う看護師・新庄千秋として物語も後半に突入するなか、鍵を握る人物を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 華道家の家元の娘であり才色兼備のもも(石原)と、自転車店を営む直人の“格差恋愛”を描いた同ドラマ。地味なメガネ女子の千秋は区立図書館で、同じ本を手に取ろうとして直人と知り合いに。直人のあるピンチを、ひょんなことから千秋が助けることになり、次第に距離を縮めていくが、実はある隠れた一面を持っているというキャラクターだ。

 脚本の野島伸司氏は「『ラブシャッフル』(2009)でご一緒したときの、明るくてナチュラル、時に男前な香里奈さんのキャラクターが、物語後半のキーになるこの役にピッタリだとお願いしました。ドラマ終盤を彩る『花』になっていただけることでしょう」と大きな期待を寄せる。

 そんな千秋と劇中で大きく関わる峯田は「お会いして数秒でファンになりました。初めての撮影の時、ふたりきりの車中でミントの飴をくださいました。口の中でだんだんと溶けていく。大事になめました」とすっかりメロメロに。

 香里奈は「野島さんならではの世界観を大切にしながら演じる事を楽しみにしています。しっかり者で聡明なイメージの石原さん、少年っぽい優しい峯田さんと共に、最終回に向けて盛り上げていけたらと思います。2人とどう絡んでいくのか、注目です!」とアピールしている。

関連写真

  • 22日放送の『高嶺の花』に出演する香里奈 (C)日本テレビ
  • 22日放送の『高嶺の花』第7話に出演する(左から)香里奈、峯田和伸(C)日本テレビ
  • 22日放送の『高嶺の花』第7話に出演する(左から)香里奈、峯田和伸(C)日本テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索