• ホーム
  • 芸能
  • 北川景子、初の弁護士役でテレ朝ドラマに出演 シリーズ化にも意欲

北川景子、初の弁護士役でテレ朝ドラマに出演 シリーズ化にも意欲

 女優の北川景子が、テレビ朝日系ドラマスペシャル『指定弁護士』(9月放送)で主演を務め、初の弁護士役に挑戦する。指定弁護士となった京都の弁護士と検察官のバディが、事件の真相と自らの道をつかんでいく本格リーガルドラマ。テレ朝ドラマはシリーズ化されることも多いが、北川も「シリーズになったらうれしいですね。そのためにも、まずは今回の作品に全力を注いでいこうと思います。また見たいと思っていただけるように頑張ります」と、自身の新たな代表作にするべく全力投球を誓った。

 タイトルの「指定弁護士」とは、検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士のこと。

 弁護士を扱った映像作品は数多く存在するものの、「黒を白にする」弁護士のイメージはあっても、検察が何度も「白」と判断した事件を「黒である」と主張する指定弁護士に特化した物語は、ほとんど発表されていない。

 北川も「撮影に入る前に、実際の裁判の映像や裁判をテーマにした作品などを見て準備をしました。ただ指定弁護士に関する資料はすごく少なかった」といい、なじみの薄い指定弁護士という特殊な職務について「難しいな、と思いました」と率直な気持ちを明かしている。

 検察が不起訴とした事案を国民感情に押される形で強制起訴する役割を負うため、この仕事には常に困難が伴う。というか、ほぼ負け戦でしかない。それでも、戦うことで見えてくる“真実”もある。

 「勝つための裁判じゃない…真実を公にする裁判だ」「お前さんは本当にすごい。さすが正義の味方、指定弁護士だ」。そんなせりふを紡いでいくのは、同局の看板ドラマ「相棒」や「科捜研の女」シリーズからアニメ『名探偵コナン』の劇場版まで手がける脚本家の櫻井武晴氏。事件捜査に絡む繊細で複雑な人間模様を巧みに描く櫻井氏が、今作でも“贈収賄事件”という現代社会のタイムリーな案件を通して、事件にかかわる人々の心情をリアルに展開していく。

 北川は、主人公の弁護士・一ツ木唯を演じるにあたり、「弁護士だけど、“被告人を必ず有罪にする”という目的を持って法廷に立たないといけない。最初は“指定弁護士は何にやりがいを持っているんだろう?”と悩んでいたんですけど、監督とお話した際に『唯は真実を明らかにするってことに使命感を燃やしている人なんじゃないかな』と言っていただいて、そこからはその気持ちを大切にして演じています」と、話していた。

 指定弁護士は検察と同等の捜査権を持つが、実際は検察官と共同で捜査を行う。今作でも北川演じる唯の捜査に協力するため、京都地検の検察官が派遣され、行動を共にして情報を共有することになる。今作で唯のバディとなるは、北村一輝ふんする橘慎二。検察にとって厄介でしかない指定弁護士を目の敵にして、最初は唯にキツくあたる橘だったが、やがてその存在意義に共感するようになる。「人間関係性の面白さがあります」と語る北村。北川とのバディについても「最初からとてもいい関係性の中で撮影に入らせていただいています」と、手応えを感じている様子だ。

 ほかに、唯の夫・一ツ木隆司役にえなりかずき、慎二の捜査を手伝う検察事務官・安倍忠一役に生瀬勝久、唯の上司でやがて彼女の前に立ちはだかる弁護士・三塚文則役に中村梅雀。唯を指定弁護士に誘う弁護士・神林京子を羽田美智子、唯が通うバーのマスターを松重豊、贈収賄事件をめぐる容疑者・田金清造を石橋蓮司が演じる。

 北川は「事件自体はとても難しいですが、基本的には唯という30代の女性が慎二と出会って翻弄されながらも、やがて一人の人間として弁護士としてしっかりと成長していく物語です。特に普段何かに頑張っている方に見てもらってスッキリしていただけたらうれしいです」。

 北村も「劇中のせりふに『良くも悪くも世論には力がある』というものがありますが、今作についてもそういうことだと思います。見てくださった皆さんがもし面白かったと思っていただいたら、ぜひ『面白かった〜!』と大きく話してください。そうするとシリーズ化につながるかもしれません。よろしくお願いします(笑)」と、呼びかけていた。



オリコントピックス