• ホーム
  • 芸能
  • 和牛&庄司智春ら「SDGsウォーク」開会式盛り上げる

和牛&庄司智春ら「SDGsウォーク」開会式盛り上げる

 北海道各所で開催中のイベント『みんわらウィーク2018』(8日まで)で「SDGsウォーク2018」が4日、札幌市内で行われた。多くの芸人、アスリートが参加した開会式では、お笑いコンビ・和牛水田信二がお笑いコンビ・品川庄司庄司智春のギャグに全力で乗っかり、大きな笑いを巻き起こした。

【写真】その他の写真を見る


 SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる貧困をなくすこと、飢餓をなくすことなどの17個の目標を歩きながら学べるというイベント。国際連合広報センター所長の根本かおる氏は「日本は酷暑。地球がおかしくなっているなと思いませんか? 美しい地球を子ども、孫、ひ孫の代につないでいけないという危機感の中でまとめられたのが“SDGs”です」と説明し「SDGsを学んで、体を動かして元気になって、芸人さん、アスリートの方と歩いて楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

 その後、芸人たちが登場。SDGsへの取り組みを問われると、最初に手を上げた庄司は「『海の豊かさを守ろう』はやってます。(鍛えるため)タンパク質を取りますから魚をよく食べます。骨まで食べます」と前振りしてから「ホネティー」と絶叫。司会を務めた次長課長河本準一から「『ホネティー』って、なんやねん! ミキティーちゃうんか」とツッコまれていた。

 一方、水田も「海の豊かさを守ろう」を実践しているという。「海を守りたいんで、よく海に行って釣りをしている人を止めさせてます。魚が減っちゃうんで『ヤメティー』って言います」と庄司のギャグに全力で乗っかり、会場に笑いを巻き起こした。すると庄司は「和牛がかぶせてくれるなんて『うれティー』」とさらにかぶせて会場は沸かせた。

 「SDGsウォーク2018」には芸人のアップダウン椿鬼奴パンサー吉本新喜劇座長のすっちー、座員の信濃岳夫、佐藤太一郎、アスリートのカズ山本氏、星野伸之氏、斎藤隆氏、門倉健氏、近藤岳登氏、岡崎朋美氏、石橋貴俊氏、田中光氏、河口正史氏、中西悠子氏、アーティスティックスイミングの木村真野選手、木村紗野選手が参加した。



関連写真

  • 「ヤメティー」を披露する和牛の水田信二(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 庄司智春=『みんわらウィーク2018』の「SDGsウォーク2018」開会式 (C)ORICON NewS inc.
  • 『みんわらウィーク2018』の「SDGsウォーク2018」の参加者 (C)ORICON NewS inc.
  • 和牛の水田信二=『みんわらウィーク2018』の「SDGsウォーク2018」開会式 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス