• ホーム
  • 芸能
  • 佐藤仁美「稀代の悪女」福田和子を熱演 初の“長男目線”ドキュメンタリードラマ

佐藤仁美「稀代の悪女」福田和子を熱演 初の“長男目線”ドキュメンタリードラマ

 女優の佐藤仁美が、2日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(後9:00)内のドキュメンタリードラマで、1982年に同僚のホステスを殺害後、およそ15年にもわたって逃亡生活を送り、時効成立の21日前に逮捕された福田和子・元受刑者を演じる。彼女の長男目線のドラマで、世間に「希代の悪女」と呼ばれた福田元受刑者と、人生を振り回されながらも彼女のことを「尊敬できる母親」と言い切る長男の関係性を描いていく。長男を演じるのは俳優の森永悠希

【写真】見事なくびれ!佐藤仁美、12キロ減量でドレス姿も披露


 ドラマは福田元受刑者が逃亡する日の朝から始まる。家族そろってのいつもの朝食だったが、唐突に「ママ、用事があって遠くに行くけん、しばらく会えんけんね」と語り出した福田元受刑者は、この日の夜から14年11カ月(5459日間)にもわたり、整形手術で顔を変え、およそ20もの偽名を使いながら逃亡生活を続けることとなった。母の突然の失踪で子供たちは祖母の家に引き取られ、祖母は事件を報じるニュースから避けるように子供にテレビを禁じたが、長男は何かおかしい空気を感じ、夜中にこっそりテレビを見て母の事件を知ってしまう。

 その後、長男は福田元受刑者とひそかに再開し、ともに暮らし始める。地方都市である男性とスナックで知り合い、その男性の内縁の妻になると、自身の手記で「神様はどんな運命を私に与えたのか、一番最後に一番よい人とめぐり合わせてくれて」と書いたように、ここでの親子そろってのおよそ3年間の生活は、彼女にとってとても幸せなものとなった。しかし、そんな生活も長くは続かず、警察に追われ長男のもとから去ってしまう。

 夫から何度となく自首を勧められても、絶対に刑務所には入りたくないという決意の裏にあった福田元受刑者の悲しい過去とは。警察による執念の追跡と、時効21日前の劇的逮捕の舞台裏もドキュメンタリードラマの中で克明に再現。さらに、長男が23歳の時に交際相手を母に紹介した際のエピソードや、逮捕後の面会でのやり取り、そして危篤の知らせを受け、脳梗塞で緊急入院していた病院に駆けつけた際の「母・福田和子」の様子などが、長男の証言をもとに丹念に描かれる。

 スタジオではMCの坂上忍のほか、ゲストの伊東四朗室井滋がドラマを見守る。



関連写真

  • 8月2日放送『直撃!シンソウ坂上』にて福田和子元受刑者を演じる佐藤仁美 (C)フジテレビ
  • 8月2日放送『直撃!シンソウ坂上』にて福田和子受刑者の長男を演じる森永悠希(C)フジテレビ
  • 8月2日放送『直撃!シンソウ坂上』のスタジオゲスト(左から)室井滋、坂上忍、伊東四朗(C)フジテレビ
  • 8月2日放送『直撃!シンソウ坂上』の模様(C)フジテレビ
  • 8月2日放送『直撃!シンソウ坂上』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス