• ホーム
  • 芸能
  • 帝国ホテル“バイキング”誕生60周年 バースデーソング合唱で祝福

帝国ホテル“バイキング”誕生60周年 バースデーソング合唱で祝福

 東京・日比谷の帝国ホテルのレストラン「インペリアルバイキング サール」で1日、『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』が行われた。8月6日に“バイキング”と同じ、60歳の誕生日を迎える俳優で美食家としても知られる辰巳琢郎(59)とその長女でソプラノ歌手の辰巳真理恵(30)が“1日バイキングコンシェルジュ”として出席。共に“還暦”を祝った。

辰巳真理恵、婚約発表は冗談「大変失礼いたしました」


 1958年、パリで修行中だった帝国ホテル初代料理長・村上信夫氏に、総支配人から北欧の伝統料理「スモーガスボード」習得の命が下る。「スモーガスボード」とは、肉・魚・野菜などの各種料理を食卓に並べ自由に取り分けて食べる北欧の伝統料理。この料理を学んで帰国した村上によって、同年8月1日に日本初のビュッフェレストラン「インペリアルバイキング」がオープンした。店名の一部である“バイキング”はその後、日本において、ビュッフェ形式を指すまでに浸透した。

 同レストランをよく利用するという辰巳親子。辰巳は、北海道産の水ダコを使用したタコの薫製のカルパッチョが「ワインが進んで絶品」と太鼓判。「お肉が大好き」と笑顔で語った真理恵は、フィレビーフのカツレツを選択。約40種類のメニューの中から2人がオススメするメニューを発表した。また、バイキングと同じ60歳ということについて辰巳は「まさかの還暦ということで、自分でもビックリしています。気が付かないうちに60歳を迎えていそうで怖い」と苦笑いをしていた。

 ソプラノ歌手の真理恵が日本を代表するテノール歌手・山本耕平とともにヴェルディの歌劇『椿姫』より「乾杯の歌」を披露。セレモニー終盤では60周年を祝したバースデーケーキが登場し、会場一同でバースデーソングを合唱しながら祝った。



関連写真

  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席した(左から)帝国ホテル総料理長・田中健一郎氏、辰巳琢郎、辰巳真理恵 (C)ORICON NewS inc.
  • 「乾杯の歌」を披露した辰巳真理恵 (C)ORICON NewS inc.
  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席した辰巳琢郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席した辰巳真理恵 (C)ORICON NewS inc.
  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席した 帝国ホテル総料理長・田中健一郎氏(C)ORICON NewS inc.
  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席した(左から)辰巳真理恵、山本耕平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『“バイキング”誕生60周年記念セレモニー』に出席したテノール歌手・山本耕平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス