• ホーム
  • 芸能
  • 川口春奈が窪田正孝に“逆壁ドン” ドラマ『ヒモメン』スタート

川口春奈が窪田正孝に“逆壁ドン” ドラマ『ヒモメン』スタート

 女優の川口春奈が、“壁ドン”されているのではなく、“逆壁ドン”しているシーン写真が公開された。28日よりスタートするテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(毎週土曜 後11:15〜深0:05)のワンシーン。相手は俳優の窪田正孝だ。男性にされてこそ、女性の憧れシチュエーションであった“壁ドン”。男女が逆転しているので“逆壁ドン”。しかし、『ヒモメン』で逆転しているのはそれだけではない。

 同ドラマは、“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くす、働き方改革時代のニューヒーロー=“ヒモメン”こと碑文谷翔(窪田)と、彼を更生させたい恋人の看護師・春日ゆり子(川口)のおバカな同棲生活を描く社会派コメディー。鴻池剛氏の『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA)が原作。

 あまりのボンクラぶりに実家を追い出された翔が、看護師として働く恋人・ゆり子の部屋に転がり込むところから第1話は始まる。何と彼は、女の金で暮らす無職の男、“ヒモ”だったのだ。しかも、ゆり子から頼まれた“ゴミ出し”すら、面倒がる始末。たまりかねたゆり子は、翔が居候をはじめてから出費が増え、貯金も底をつきかねない現状をぶつける。

 ところが翔には、ヒモであることの罪悪感はまったくなし。「無理して働かなくても今が幸せ」と一向に働こうとしない。そんなある日、翔のある行動が原因でゆり子はVIP患者・矢沢(宇梶剛士)のペットの小鳥を逃した容疑をかけられクビを宣告させられる羽目に。自力で解決しようとしない翔の行動にゆり子の怒りは爆発する。ゆり子に捨てられたくない、でも働きたくもない。果たして翔は、人生最大の選択をどう乗り切るのか…!?

 働きたくない翔ちゃんVS更生させたいゆり子。初共演の窪田と川口が“笑えて応援したくなるカップル”を熱演。ほかにも、勝地涼岡田結実佐藤仁美YOU金田明夫らが出演し、ドラマをコミカルに彩っていく。



関連写真

  • 土曜ナイトドラマ『ヒモメン』第1話(7月28日放送)逆壁ドンシーン(C)テレビ朝日
  • 働きたくない翔ちゃんVS更生させたいゆり子のバトルに注目(C)テレビ朝日

オリコントピックス