• ホーム
  • 映画
  • 『ラ・ラ・ランド』の監督&主演コンビ最新作 『ファースト・マン』特報解禁

『ラ・ラ・ランド』の監督&主演コンビ最新作 『ファースト・マン』特報解禁

 アカデミー賞を席巻した『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ最新作『ファースト・マン』の日本公開日が、2019年2月に決定した。月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いた、アポロ11号の船長ニール・アームストロング氏の人生を壮大なスケールで描く。着陸を果たした世界的な記念日であるきょう、あわせて特報映像も解禁された。

 原作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の『ファーストマン』。アームストロング氏をゴズリング、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に抜てきされたクレア・フォイがアームストロング氏の妻ジャネットを演じる。脚本は、アカデミー賞脚本賞受賞(『スポット・ライト 世紀のスクープ』)のジョシュ・シンガー氏。

 アームストロング氏といえば、「That's one small step for (a) man, one giant leap for mankind.(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である)」の名言でも知られる。日本公開は、人類が月面着陸を果たした1969年から50周年のメモリアルイヤーに決定した。

 特報は、オレンジ色に光る噴射炎とともに打ち上げられる宇宙船を一点に見つめるアームストロング氏の姿から始まる。アームストロング氏の人生、そして命をかけた月面着陸計画。人類にとっては夢であり偉大な飛躍となった壮大なミッションの真実が、圧倒的な緊迫感と共に描かれる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス