アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 城島茂、4人のTOKIO「変わらず頑張っていくだけ」 福島への熱い思い語る

城島茂、4人のTOKIO「変わらず頑張っていくだけ」 福島への熱い思い語る

 TOKIO城島茂国分太一が11日、都内で行われた『ふくしまプライド。』新CM発表会に出席。福島県産農林水産物の安全と魅力をアピールするCMキャクターに就任して今年で7年目となり、リーダーの城島は今も変わらない福島への熱い思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 TOKIOは震災前、福島浪江町にDASH村を作り、番組を通して農業などをしていた。城島は「心のふるさとである福島に何かできないか、いつかあの浪江の村に戻りたいという思いがある。心はあそこに残したまま。とにかく何かできることがしたい」と力を込め、「自分たちの言葉は、福島の生産農家の皆さんの言葉を代弁しているという思いでやらせてもらっている。皆さんの代表として頑張っていきたい」と話した。

 福島の生産農家も会場を訪れ、2人に牛肉や桃などをプレゼント。国分も「福島の皆さんと出会い、ただ歌を歌っていたTOKIOが、野菜を育てる難しさ、楽しさを教えてもらった。その大変さや一人ひとりの思い、愛情が味に出ていることは僕たちが一番わかっているので、責任を持って皆さんの味を伝えていきたい」と誓った。

 新CMは14日より首都圏・関西・北海道・福島県内で順次放送され、そのうちの1つ「あたらしいポスター」篇には、TOKIOの4人が写ったポスターを見ながら、農家の方々が「助けられたよね。彼らにはやっぱりね」「なんかやる気でるよなぁ〜」などとつぶやくシーンが登場する。

 退場時、元メンバーの山口達也さんが脱退して4人になったTOKIOについて声をかけられた城島は「変わらず頑張っていくだけです」と前を向き、CMを継続できたことに「ありがたいです」と感謝。「新生TOKIOで、自分たちのプライドを大事にしていきたい。それもTOKIOの責任かなと思います。頑張っていきたい」と返していた。そのほか、内堀雅雄知事、福島県クリエイティブ・ディレクターの箭内道彦氏が出席した。



関連写真

  • 福島への熱い思いを語る(左から)城島茂、国分太一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ふくしまプライド。』新CM発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ふくしまプライド。』新CM発表会に出席した城島茂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ふくしまプライド。』新CM発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス