• ホーム
  • 芸能
  • 上野樹里、2年半ぶり連ドラでフジテレビに“恩返し”誓う「精一杯、出し尽くしたい」

上野樹里、2年半ぶり連ドラでフジテレビに“恩返し”誓う「精一杯、出し尽くしたい」

 女優の上野樹里が8日、都内で行われた12日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『グッド・ドクター』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇。2016年5月の結婚後で初となる2年半ぶりの連ドラ出演となり「恩返しができるように精一杯、出し尽くしたい」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 主演は俳優の山崎賢人が務め、藤木直人も出演。コミュニケーション能力に障がいを持つ一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎)が小児外科のレジデント(後期研修医)として、瀬戸夏美(上野)、高山誠司(藤木)といった小児外科医たちと共に子どもの命のために闘い、子どもの心に寄り添い、そして子どもと共に成長していく姿を描く、メディカル・ヒューマンドラマとなっている。

 上野は正義感が強く勝ち気で明るい性格である反面、人に弱みを見せられない性分の臨床医の夏美を演じる。「今まで色の強い個性的なキャラクターが多かった。瀬戸夏美はバックボーンや生い立ちにネックがあるわけでもない、いたって普通の真っ直ぐな医師。だからこそ、いろんな表情を見せることができるので、そこが新鮮で自分の中でも楽しいですね」と役柄を語っていた。

 2年半ぶりとなる連ドラ出演について「久しぶりにフジテレビに帰ってきたという感じ」とにっこり。「久々に見る助監督とか、すれ違う方々が『頑張ってね』と言ってくれたりして懐かしいなという気持ちになる。10代、20代と本当にいい作品で、フジテレビの方々にはお世話になった」と自身が飛躍するきっかけとなった『のだめカンタービレ』などのドラマはフジテレビだったことを振り返り「おこがましいんですが、その恩返しができるように精一杯、出し尽くしたい」と力強く誓っていた。

 撮影現場には子供が多数いるが、山崎は「現場が明るくなりますね」と笑顔。また、今作が10作目の医師役となる藤木だが「『ナースのお仕事3』『ナースのお仕事4』とか『ナースのお仕事』シリーズだけで4つある」と苦笑いで裏話を明かしていた。



関連写真

  • 『グッド・ドクター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した上野樹里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『グッド・ドクター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した山崎賢人 (C)ORICON NewS inc.
  • 『グッド・ドクター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した藤木直人 (C)ORICON NewS inc.
  • 『グッド・ドクター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した(左から)上野樹里、山崎賢人、藤木直人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス