アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 意欲作続く月9、きょうスタート『絶対零度』は近未来設定で描かれる人間ドラマ

意欲作続く月9、きょうスタート『絶対零度』は近未来設定で描かれる人間ドラマ

 俳優の沢村一樹主演の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(毎週月曜 後9:00)がきょう9日スタートする。オタク女子と女装男子の異色ラブコメ『海月姫』や、信用詐欺師たちによる予測不可能な痛快ストーリー『コンフィデンスマンJP』など意欲作の続く“月9”で、人気ドラマシリーズの第3弾が放送。刑事・井沢範人(沢村)を中心に未来の犯罪を予測して防ぐ「未然犯罪捜査システム=ミハンシステム=の実用化」の任務にあたる刑事たちの活躍が描かれており、近未来的な設定ながら生々しい人間ドラマがみどころとなっている。

【写真】その他の写真を見る


 『絶対零度』シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(11年)で、新米女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍と成長を描いてきたが、今回より登場人物を一新。“ミハン”チームの面々には元生活安全課の婦警・小田切唯(本田翼)、資料課の生え抜き・南彦太郎(柄本時生)、なぜかピッキングや鑑識の総責任者でキャリアの東堂定春(伊藤淳史)、そしてこれまでの絶対零度の世界との橋渡しとなるのが、横山裕関ジャニ∞)演じる山内徹。山内は桜木の元バディで、第2シリーズの最終回に登場。謎の失踪を遂げた桜木の行方を追っており、桜木の謎が物語の縦軸として描かれる。

 日本国民のあらゆる個人情報、全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データなどを解析し、未来の重大犯罪の阻止を目指す“ミハン”システムが割り出すのは、殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。普通に生きていたはずの人々がなぜ「一線を越えてしまうのか」という理由をスリリングに解き明かしていく。第1話では井沢自身がその危うさを秘めていることが垣間見え、後々の展開とどうつながっていくのか。50歳にして月9初主演となる沢村は、ひょうひょうとしながらもどこか陰のあるキャラクターは物語に緊張感を与える。

 劇中ではAIや腕輪型の通信機器“骨伝導フォン”(腕輪をつけたまま手を耳に当てるとそのまま通話ができる)というSF感あるアイテムも登場。制作発表では沢村はその“非現実”感にも触れつつ「僕らの生活のなかではAIというものが無視できなくなってくる。脚本を読んで現場で体を動かして気づいたのは、テクノロジーが進めば進むほど、自分たちは人間なんだって思い知らされて、言葉で聞くよりもっと生々しい、人間臭くて泥臭いドラマになっています」と紹介した通り、今夏は近未来×刑事×人間ドラマで魅せる異色作の月9が楽しめそうだ。



関連写真

  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より沢村一樹 (C)フジテレビ
  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より沢村一樹、本田翼 (C)フジテレビ
  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より沢村一樹 (C)フジテレビ
  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より平田満、本田翼、沢村一樹 (C)フジテレビ
  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より平田満、沢村一樹、本田翼 (C)フジテレビ
  • 9日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第1話より沢村一樹 、柄本時生、本田翼(C)フジテレビ

オリコントピックス