アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高橋克典主演、学生時代の思いを胸に…ドラマでラガーマン役

高橋克典主演、学生時代の思いを胸に…ドラマでラガーマン役

 日本で開催される“ラグビーワールドカップ2019”(2019年9月20日〜11月2日)まであと1年。NHK総合で、ラグビーを題材にした連続ドラマ『不惑のスクラム』(9月1日スタート、毎週土曜 後8:15〜8:43、全7回)が放送される。主演を務めるのは、10代の頃にラグビーをプレーした経験がある俳優の高橋克典。「学生時代、僕はラグビーを途中で辞めています。その分尊敬と気持ちが残っています。ラグビーワールドカップを来年に控え、何かできないかと思っていたところにこのドラマに出会いました」と、語っている。

 安藤祐介氏の同名小説が原作。死に場所を探して河川敷を歩いていた丸川良平(高橋)の背中に、ラグビーボールが当たる。ボールを追ってきた初老の男に、無理やり連れていかれた先で行われていたのは、40歳以上の選手による“不惑ラグビー”。そこには、年代もバラバラな大人たちの、泥まみれの姿があった。

 アツ苦しい男たちのおせっかいで、生きる側に腰を落ち着けてしまった丸川は、ラグビーを通じて、仲間と心を通わせる。やがて、丸川と、丸川の抱える秘密をきっかけに、チームメイトたちも己の人生を見つめ直すことに。丸川の背中を押した男たちもまた傷つき、居場所をなくした“週末ラガーマン”だった…。

 「ラグビーは後退しながら前に進む。まるで人生みたいじゃないか」。刑務所から出所した男が、偶然出会った仲間との格闘の末に、別れた家族と再会するまでの物語。「ラグビーの魅力をふんだんに散りばめた、かっこ悪くてカッコいいオヤジたちの青春群像ドラマです」(高橋)。

 出演はほかに、渡辺いっけい村田雄浩徳井優上杉祥三松尾諭高橋光臣中村ゆりか戸田菜穂竹中直人夏木マリ、など。



オリコントピックス