アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞横山裕、柄本時生の遅刻を暴露「僕の温度は80度下がった」

関ジャニ∞横山裕、柄本時生の遅刻を暴露「僕の温度は80度下がった」

 人気グループ・関ジャニ∞横山裕が30日、都内で行われた7月9日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記者会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 ドラマのタイトルにちなみ、横山は撮影現場の温度を『絶対○度』と書き込むフリップに「僕は20度」と回答。「本当は100度と書くのが正解なんですけど、きのう、柄本(時生)くんが遅刻したので僕は20度にしました」と暴露。「現場の雰囲気はよかったんですけど、あの事件を受けて僕の温度は80度下がった。このあとも遅刻するんかな〜毎朝ちゃんと来るのやめよう」と冗談めかし、柄本をタジタジにさせた。

 横山の回答を受け、急いで自分のフリップを書き換えた柄本は「45度。もともとは63って書いてたんですけど45にしました」と言い、「遅刻した時間です」と説明。キャストの笑いを誘うと「入り時間に起きて45分で(スタジオに)来た」と報告。横山は「逆に『早いな』と言ってしまった。ずるいな〜と思いました」とうなっていた。

 ほかにも、平田満は「42度。僕の好きなお風呂の温度」とボケ、伊藤淳史が「ちょっと待って!」とツッコミを入れると、本田翼も「私もそれくらい」と同意。横山は「本田さんのお風呂の温度が聞けるなんて」とにんまり。そんな本田は「64度。私の好きなゲーム機の…私の青春を過ごしたゲーム機です」と任天堂64にひっかけるマイペースさを発揮した。

 終始和気あいあいとした雰囲気のなか、最後に主演の沢村一樹は「99.9から7.9。きのう遅刻したバカがいまして」と笑い、再び柄本をイジりながらも、「自分のこういうところが嫌だなと思うんですけど、7月9日オンエアなので」と付け加え、座長としてしっかりその場をまとめていた。

 なお、『絶対零度』シリーズのシーズン1は『未解決事件』、シーズン2は『潜入捜査』をテーマに女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍を描いてきたが、今回は沢村演じる井沢範人を主人公に『未来の犯罪を予測して捜査すること』をテーマに新たな物語を展開する。



関連写真

  • 現場の温度を「20度」にした“犯人”を暴露して笑いを誘う横山裕 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)本田翼、沢村一樹、横山裕 (後列左から)平田満、伊藤淳史、柄本時生 (C)ORICON NewS inc.
  • 横山裕=月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 月9初主演の沢村一樹=『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 柄本時生=月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 本田翼=月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記者会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス