• ホーム
  • 映画
  • 冬のラブソング「雪の華」登坂広臣&中条あやみ共演で映画化 中島美嘉「びっくり」

冬のラブソング「雪の華」登坂広臣&中条あやみ共演で映画化 中島美嘉「びっくり」

 中島美嘉が歌う冬の定番ラブソング「雪の華」が映画化されることが27日、わかった。今年2月に“大型ラブストーリー企画”として、タイトルは隠されたまま、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE登坂広臣(31)、モデルで女優の中条あやみ(21)の初共演が発表されていた作品。今年発売から15周年を迎える楽曲が映画化され、中島は「知ったときはびっくりしましたが、良い曲というのは時代を超えるんだなということを今、改めて感じています」とコメントを寄せた。2019年2月公開。

【写真】その他の写真を見る


 映画『雪の華』は、ガラス工芸家を目指す青年と、余命宣告をされた少女の一生に一度、運命の恋を描くラブストーリー。メガホンをとるのは、『orange-オレンジ-』(2015年)の橋本光二郎監督、脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)、連続テレビ小説『ひよっこ』(17年)の岡田惠和氏。漫画・小説を原作とする作品が多い昨今に、同じく楽曲をモチーフにした『涙そうそう』(06年/興行収入31億円)、『ハナミズキ』(10年/興行収入28億円)の系譜を継ぐオリジナル作品としての映像化される。

 登坂演じる綿引悠輔は、両親を亡くし、妹と弟を男手ひとつで育てており、ぶっきらぼうだがまっすぐで優しい一面を持つという役どころ。「無事にクランクアップを迎え、いよいよ全容が明かされた今、期待感が高まると同時に改めて気が引き締まる思いです」と話し、「僕自身が普段アーティストとして活動しているからこそ、中島美嘉さんの楽曲『雪の華』をモチーフとした作品に携われることを光栄に思いますし、同じアーティストとして楽曲に対して感じたことを、自分なりに落とし込みながら、作品の世界観や悠輔という役と向き合ってきました」と撮影を振り返った。

 中条は、幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪役。悠輔のまっすぐな言葉に凍りきっていた心を溶かされていった美雪は、“期間限定の恋”を持ちかける。「演じていて、人は誰かを一生懸命愛し、愛されるために生まれてきたんだなと感じました。そんな美雪の姿に私自身も、勇気付けてもらったように、1人でも多くの方に美雪のパワーが届きますように」と願いを込めた。

 プロデューサーの渡井敏久氏は、楽曲の持つ今も衰えない圧倒的なパワーに魅力を感じ、モチーフにした映画を企画した。中島は「脚本を読ませていただいた時はこの曲をこういう風に広げるんだと感動し、本当にすてきなラブストーリーなので、観た人全員が共感できる、すごいなと思える作品になると私も確信しています」と太鼓判を押し、「映画と曲とを一緒に楽しんでもらえるのが一番良いですが、皆さまの感性で曲の方はお好きなように解釈していただきたいし、映画も絶対に楽しめると思います。楽しみにしていてください」と呼びかけた。

 そのほかのキャストとして、美雪の母親・平井礼子役で高岡早紀、悠輔たち兄弟を見守る先輩・岩永役で浜野謙太、美雪の担当医師・若村役で田辺誠一が出演する。中島の歌声にのせて、登坂・中条の切ない表情が胸に迫る超特報映像も公開された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『雪の華』で共演する登坂広臣、中条あやみ (C)2019映画「雪の華」製作委員会
  • 中島美嘉
  • (左から)田辺誠一、高岡早紀、浜野謙太
  • 映画『雪の華』のメガホンをとる橋本光二郎監督

オリコントピックス