• ホーム
  • 芸能
  • 武井壮、シリアス演技で“月9”4年ぶり登場

武井壮、シリアス演技で“月9”4年ぶり登場

 タレントの武井壮が7月9日からスタートする沢村一樹主演のフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(毎週月曜 後9:00)の第1話にゲスト出演することがわかった。武井が“月9”枠に出演するのは本人役を演じた『極悪がんぼ』(2014年4月期)以来約4年ぶり。今回、武井は有名クラブの経営者・富樫伸生(とがし・のぶお)役に起用。しかしそれはあくまで表向きの顔で、実は裏でグレーゾーンのビジネスを手掛けるグループの一人…というこれまでにないシリアスな役柄にチャレンジする。

【写真】その他の写真を見る


 新米女性刑事・桜木泉(さくらぎ・いずみ)を主人公にシーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”、シーズン2では“潜入捜査”をテーマとしてきた同ドラマ。今回は装いも新たに、沢村演じる元公安のエリート刑事・井沢範人(いざわ・のりと)を主人公として“未来の犯罪を予測して捜査する”ことをテーマに、潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性をパワーアップして送る。

 前作から同ドラマを視聴していたという武井は「出演のオファーが来た時にはうれしさもありましたが、あの作品の中に自分が入る現実味が無くて、果たして俳優の皆さんの演技に着いて行けるか不安もありましたが、新しいチャレンジはやはり人生の喜びなので『やりたい!』という思いが大きかったです!」とオファー時の心境を告白。

 劇中では肉体派で知られる武井の格闘シーンもみどころとなり「迫力ある映像にしたいと思ってシミュレーションしました」と試行錯誤を重ねたそう。「『絶対零度』初出演で緊張しましたが、全力で演じました! “無敗の百獣の王”武井壮ですが、ドラマの中では大ピンチを迎えます、果たして結末はどうなってしまうのか!? 最後までわからない展開なので楽しみにしていてくださいね!」と呼びかけている。



関連写真

  • 7月9日からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』に出演する武井壮 (C)フジテレビ
  • 7月9日からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』に出演する武井壮 (C)フジテレビ

オリコントピックス