• ホーム
  • 芸能
  • エイベックス、医療業界に参入 がん患者支援法人設立

エイベックス、医療業界に参入 がん患者支援法人設立

 エイベックスが27日、がんの検診率向上と線虫による早期がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」の普及のための啓発活動を国内および世界に向けてPRしていくための合同会社「AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER LLC.」を「HIROTSUバイオサイエンス」と設立したことを発表した。同社は、エンタテインメントの活動の場を通じて早期がん診断の促進とがん検診率を引き上げに貢献する。

【写真】その他の写真を見る


 「N-NOSE」は、尿1滴でがん患者か、健常者かを線虫が見分けするという世界初の生物診断システムで、全く痛みがなく、費用も低額で、がんの早期発見、再発検診に効果を発揮するといわれている。「AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER LLC.」は、「N-NOSE」の2020年実用化を目指すにあたり、さまざまなエンタテインメントの活動の場を通じて早期がん診断を促進し、がん検診率を引き上げると共に、若者へのがん検査の実施を啓発する。また、一般社団法人「Empowear Children」を発足し、「N-NOSE」の普及活動と併せて小児がん基金のためのチャリティー活動も行っていく。

 今回の合同会社設立に至った経緯についてエイベックス グループ執行役員の加藤信介氏は、「エイベックスならではのCSR活動として被災地へのダンサー派遣やCDを送る取り組みのほか、アーティストを巻き込んだ形で、啓発活動に取り組んできた経緯があります。「N-NOSE」は、世界に新しい価値提供をできる素晴らしい技術ですので、エイベックスの強みを活かした価値貢献ができるのではないかと思っています」と説明。

 また、加藤氏は「取り組みを通じ若者の検査率を引き上げる支援ができるとすれば、未来を担う若者の夢、病気に阻害されることなく実現できる世界を作り、その延長線上で未来のエンタテインメントを担うスターが育てば、弊社としても幸せなことだと考えています」と言う。

 同取り組みは、会社として始まったことではなく、1人の社員の想いと熱意でスタート。一般社団法人設立の背景について、エイベックスの保屋松靖人氏は、「私の息子も今から5年前に小児がんにかかりました。長期にわたる闘病生活を強いられ、そのことをきっかけに同じような病気に苦しむ子どもたちにその家族の方に、エンタテインメントを通じてなにかできることはないかと、強く思うよになり、広津崇亮先生(HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役)にお会いし、先生が取り組まれていた「N-NOSE」や取り組み、共に抱いていた想いを知りこの合同会社が立ち上がりました」と語った。エンタテインメントの力で「N-NOSE」を広め、特に若年層に向けての早期検査の啓発活動に積極的に取り組んでいく。



関連写真

  • (左から)エイベックス グループ執行役員の加藤信介氏、エイベックスの保屋松靖人氏、HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役の広津崇亮先生
  • HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役の広津崇亮先生
  • エイベックスの保屋松靖人氏
  • (左から)エイベックス グループ執行役員の加藤信介氏、エイベックスの保屋松靖人氏、HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役の広津崇亮先生

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年9月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月17日号

<COVER STORY>
美藤宏一郎氏(エムアップ 代表取締役)
私たちは目標を持つ会社。
達成すべき目標を粛々と実現していくことが使命

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート8月度
「音楽」ジャンルが急伸長 映像作品市場を検証

お問い合わせ

オリコントピックス