• ホーム
  • 芸能
  • 所ジョージ、現代の日本人に提言「今、幸せな部分を感じればいい」

所ジョージ、現代の日本人に提言「今、幸せな部分を感じればいい」

 タレントの所ジョージが26日に放送のカンテレ・フジテレビ系『所&磯田ニッポンの謎』(後9:00)に出演。同番組は、ランキング好き、健康オタク、ワイドショーや100円ショップを好み独特の食文化を持つ日本人の国民性についての謎を、江戸時代の文化や社会制度をもとに解き明かしていく知的バラエティー。収録後、番組でタッグを組んだ映画『武士の家計簿』『殿、利息でござる!』原作者・歴史学者の磯田道史氏と対談し、現代の日本人への違和感について語った。

【写真】その他の写真を見る


 番組では様々な日本人の国民性を取り上げるが、所は「お金ってめちゃくちゃ便利なものなのに、そのお金すらめんどくさくなって、スマホに全部集約していくわけじゃない? 『それ以上に便利なものを見つけるのって意味あるの?』って思うわけ。便利なものはその便利なもので枠を超えずにずっと使おうぜと、どうしても思う」と疑問を呈する。「小銭を落とすからドラマが生まれるし、小銭数えている人がいてレジに並ぶのが面倒くさいからドラマが生まれる。歩きたいし、ボタンを押したいし、小銭を持ちたいんだよ。今、幸せな部分を感じればいいのになっていつも思う」といつも自然体な所らしく提言した。

 続けて「植物的というか、生きている感がないよね。痛い思いしたくないわけじゃない?成功例だけを求めていくわけじゃない? 失敗して痛い思いをするから、生きてる感じがあるのにっていう」と違和感を打ち明ける。そんな所に磯田氏は「実は回り道をした方が、『あそこにきれいな宵待草(よいまちぐさ)が咲いていて俳句が読めた』っていう時間の楽しみ方がわかるのが江戸人たちで、そういった近代合理性から離れた面白がり方を所さんに感じますね」と感心した。

 磯田氏が「歴史を入り口にして突き詰めていくと、人間、何に面白さを感じるか、何が楽しいか、というようなことに入っていくんじゃないかと思っていますよね。志をもって作った番組だろうと思います」と自信を込めると、所は「でもバラエティーとしてはね、やっぱり侍の格好して、『江戸時代、なめてんのか!』って(笑)。そのほうが面白いんじゃないかな(笑)」と笑いを誘っていた。



関連写真

  • 26日放送のカンテレ・フジテレビ系『所&磯田ニッポンの謎 〜ふたりでスッキリさせちゃいましょうSP〜』より(左から)所ジョージ 、磯田道史 (C)カンテレ
  • 26日放送のカンテレ・フジテレビ系『所&磯田ニッポンの謎 〜ふたりでスッキリさせちゃいましょうSP〜』スタジオ写真
  • 26日放送のカンテレ・フジテレビ系『所&磯田ニッポンの謎 〜ふたりでスッキリさせちゃいましょうSP〜』に出演する磯田道史 (C)カンテレ
  • 26日放送のカンテレ・フジテレビ系『所&磯田ニッポンの謎 〜ふたりでスッキリさせちゃいましょうSP〜』に出演する所ジョージ

オリコントピックス