• ホーム
  • 映画
  • ムロツヨシ、結婚願望「ないわけではない」 未来の“ムロロス”に期待

ムロツヨシ、結婚願望「ないわけではない」 未来の“ムロロス”に期待

 俳優のムロツヨシが22日、生まれ育った神奈川・横浜のイオンシネマみなとみらいで映画『50回目のファーストキス』(福田雄一監督)の“凱旋”舞台あいさつを開催。司会者と登壇者の掛け合いで展開していくのが通常だが、この日は司会者不在のムロ独壇場として観客とのQ&Aを実施した。

【写真】その他の写真を見る


 観客へ向けて「玉木宏木南晴夏の質問はダメです! 私は一切関係ありません」と念押ししてから、「木南の結婚が本当だとしたら…ビックリした」と自ら話題を持ち出したムロ。木南とは、福田監督によるテレビ東京系ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズで共演しており、「だって玉木宏だぜ。生で聴いてもいい声をしているんだよ。めちゃくちゃナイスガイ」と絶賛した。

 自身の結婚願望については「ないわけではない。3年前はないと答えて、去年はないわけでは…と答え、現在はないわけではないと答えています。50代目前で結婚された堤真一さんからは『焦らなくてもいい』と言われたので、その言葉を信じています」としばらくは独身を楽しむ構え。木南との結婚報道で“玉木ロス”が広がっているが「自分の時は“ムロロス”とか言われるのかな? そんな日がくるのかな? ムロロスって言ってくれるのかな?」と期待した。

 この日の舞台あいさつは、質問者ではないファンからツッコミがあがり、それに対してさらにムロがツッコムという終始笑いの絶えないアットホームな雰囲気で開催された。学生時代、神社で当時の恋人としたキスを改めて俯瞰で見たいというムロの願望に客席が一気に凍り付く一幕もあったが、客席にはムロの名前が書かれたお手製うちわが揺れ「うちわとか作るの大変でしょ? アイドルじゃないんだから! うれしいじゃない、恥ずかしい。妹と姪っ子が引いている」と苦言も満足げ。

 最後はムロの「今後も映画で、できることならば喜劇を作りたい。その時は今日のように変な服を着て、観客から洋服のコンセプトを聞かれるような役者でいたい」と笑いにこだわったメッセージで、単独ライブと化した舞台あいさつは幕を降ろした。

 同映画は、ハワイ・オアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤まさみ)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネーター・大輔(山田孝之)との、一生に一度の恋を描く大人のラブストーリー。ムロは大輔の親友・ウーラ山崎を演じている。



関連写真

  • “凱旋”舞台あいさつを行ったムロツヨシ
  • 終始笑いの絶えないアットホームな雰囲気で進行された
  • 『50回目のファーストキス』“凱旋”舞台あいさつを行ったムロツヨシ

オリコントピックス