• ホーム
  • 映画
  • 知英、日米合作アクション映画で殺し屋に「新しいジャンルに注目してほしいです」

知英、日米合作アクション映画で殺し屋に「新しいジャンルに注目してほしいです」

 女優で歌手の知英が日米合作映画『殺る女』(10月27日公開)に主演することが、わかった。日本や韓国をはじめ、アメリカ、フィリピン、タイ、デンマークと各国のスターが共演し、世界をターゲットにしたアクション作品となる。

【写真】その他の写真を見る


 幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。アクションに定評のある女優の武田梨奈、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞した俳優の駿河太郎、元K−1選手のニコラス・ペタス、そしてセリーヌ・ディオンと共演しオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演する。

 知英は「今回もまた今までにない役どころの挑戦をさせてもらいました。小さい頃から心の闇をかかえた復讐を誓う殺し屋の役です、とてもシリアスな役を演じています」と自身の役柄を紹介。英語のせりふもあるバイオレンスエンタテイメントという新境地への挑戦となるが「新しいジャンルの知英の演技に注目してほしいです、そして観くださる方それぞれの見方をしてもらえたらと思います」と自信を見せている。

 監督は、『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞を受賞した宮野ケイジ氏。7月12日から韓国で開催されるプチョン国際ファンタスティック映画祭2018の「World Fantastic Red」部門に正式出品されることも決定した。



関連写真

  • 日米合作映画『殺る女』で主演を務める知英 (C)2018「殺る女」製作委員会
  • 日米合作映画『殺る女』で主演を務める知英 (C)2018「殺る女」製作委員会

オリコントピックス