• ホーム
  • 芸能
  • レイヤーを続けると“造形レイヤー”の道にもチャレンジしたくなる?

レイヤーを続けると“造形レイヤー”の道にもチャレンジしたくなる?

 17日に大阪南港ATCで開催されたコスプレイベント『acosta!@ATC』では、開始直後からたくさんのレイヤーたちが集まり、思い思いのコスチュームで撮影&交流を堪能。スマートフォンでのみ動画撮影が可能になるなど、日々進化するコスプレイベントを各々が満喫していた。

 『東京喰種』霧嶋董香に扮していたレイヤー・にあさん。「姉の影響で始めた」というコスプレはすでに3年。お気に入りのポージングもしっかり決まっていた。

 コスプレの魅力は「好きなキャラに成りきれたり、レイヤー仲間と仲良くなれる点」と熱く語ってくれたにあさん。今後は“造形レイヤー”の道にも挑戦したいと意気込みを語ってくれた。

「今後は『遊戯王』や『トリックスターズ』など、やってみたいコスプレがたくさんあって、お財布が心配」と笑う姿も印象的だった。



オリコントピックス