• ホーム
  • 芸能
  • 吉岡里帆が汗をかく『健康で文化的な最低限度の生活』ビジュアル完成

吉岡里帆が汗をかく『健康で文化的な最低限度の生活』ビジュアル完成

 女優の吉岡里帆が主演を務める7月17日スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00※初回20分拡大)のポスタービジュアルが解禁された。「誰かのために、汗かく、夏。」というキャッチコピーにあわせ、吉岡演じる新人ケースワーカーの主人公・義経えみるが青空の下、自転車に乗って汗をぬぐう姿が印象的なビジュアルが完成した。

【試読】「健康で文化的な最低限度の生活」の電子書籍


 柏木ハルコ氏による小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載中の同名漫画を実写化。安定を求めて公務員となったえみるが、“生活保護受給者”を支援するケースワーカーの仕事に配属されたことをきっかけに、何らかの事情で生活に困窮している受給者のさまざまな“人生”に向き合い、戸惑いながらも奮闘していく様子を描く。そして人との関わりが希薄になったと言われて久しい現代社会に、「助けたい」というシンプルな想いで突き動かされる主人公の成長物語でもある。

 ポスタービジュアルではえみるを中心に、えみるの指導係で、優しい先輩ケースワーカー・半田明伸(井浦新)、お金や受給者に対してシビアな上司・京極大輝(田中圭)、同期のケースワーカーの栗橋千奈(川栄李奈)と七条竜一(山田裕貴)、そしてえみるが担当することになる生活保護受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)といった個性豊かな登場人物たちの日常の姿が描かれている。“人と人とが向き合う事はとても大変だけれど、今年の夏は誰かのために汗をかいてみるのも悪くはない”というメッセージが込められている。



オリコントピックス