• ホーム
  • 芸能
  • 相葉雅紀、獣医師役で今秋ドラマ主演 『神様のカルテ』深川栄洋監督とタッグ

相葉雅紀、獣医師役で今秋ドラマ主演 『神様のカルテ』深川栄洋監督とタッグ

 人気アイドルグループ・相葉雅紀が、10月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で放送される『僕とシッポと神楽坂』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に主演することがわかった。今回演じるのは、腕が良くて、心も優しい、理想的な獣医師。“相葉×動物”という鉄板ともいえる方程式で、「皆さんの金曜の夜を温かくできたら」と相葉も楽しみにしているようだ。

 同局の連続ドラマに出演するのは、2011年に同枠で放送された『バーテンダー』以来、7年ぶり。動物には縁深い相葉だが、獣医師を演じるのは初となる。原作は、たらさわみち氏の同名漫画で、2012年から『月刊Office YOU』(集英社)で連載され、現在はその続編が連載中。東京・神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語をドラマ化する。

 相葉は「お話をいただいた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとても素敵な物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです」。

 高円寺先生なので、通称「コオ先生」。病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて「シッポ」と呼ぶ。手術前に不安でいっぱいの飼い主たちには「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」と、必ず言葉をかける。

 「僕が演じるコオ先生はすごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です。コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑)」と相葉。1話に1回は手術のシーンがありそうで、「クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています」と、意気込んでいる。

 劇中には、マスコットキャラクターのような犬と猫、ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギも登場。「僕にとってペットは家族。子どもの頃、犬を飼っていたのですが、その犬が亡くなったときというのが最初に経験した“死”でした。命は尽きるものなのだと教えてくれたので、忘れられない経験をさせてもらったのだと今でも思っています」。

 監督を務めるのは、嵐の櫻井翔が主演した映画『神様のカルテ』などを手がけ、暖かな雰囲気の作風に定評がある深川栄洋氏。都築歩プロデューサー(テレビ朝日)は「金曜の夜に、深川栄洋監督が紡ぎだす『少し不思議で何だかほっとする』世界を楽しんでいただければと思っています。穏やかで、優しい気持ちになれることを…お約束します」と期待をかける。実際に神楽坂でも撮影を行う予定。



関連写真

  • 嵐の相葉雅紀主演、同名漫画原作のドラマ『僕とシッポと神楽坂』テレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で10月スタート。ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギも一緒に(C)テレビ朝日
  • 『僕とシッポと神楽坂』原作セル画(C)たらさわみち/集英社クリエイティブ

オリコントピックス