• ホーム
  • 映画
  • 岩田剛典、女優ジュリエット・ビノシュは「フランスのお母さん」

岩田剛典、女優ジュリエット・ビノシュは「フランスのお母さん」

 人気グループ・EXILE三代目 J Soul Brothers岩田剛典とフランスの名女優ジュリエット・ビノシュが9日、都内で行われた映画『Vision』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】岩田剛典、シャワーブースでガラス越し肉体美


 奈良を舞台に、世界中を旅して紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ビノシュ)と、自然豊かな神秘の地・吉野の山々を守る、山守の男・智(永瀬正敏)や智の前に現れる謎の青年・鈴(岩田)が出会い、言葉や文化の壁を超え、心を通わせていく物語。

 撮影を振り返り岩田は、「ビノシュさんの包み込む母性というか、そういうものに助けていただいた。目と目が合うだけで伝わるものがある」と感謝しつつ、「演者同士にしかわからないものかも知れないですけど、そういうものが切り取られた映像になっていく。微妙な表情の違いが伝わるといいです」とアピールした。

 ビノシュは岩田の印象について、「初めて会った時から『この人、知っている。また会えた』と思いました。日本に息子がいるような感じがした」と語ると岩田は「僕もフランスのお母さんだと思っています」と笑顔でコメントした。

 このほか舞台あいさつには永瀬正敏、夏木マリ美波河瀬直美監督が登壇した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス