• ホーム
  • 芸能
  • Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』シーズン3制作決定、2019年配信開始

Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』シーズン3制作決定、2019年配信開始

 映像配信サービス「Netflix」でシーズン1〜2が独占配信中のオリジナルシリーズ『13の理由』のシーズン3の制作、2019年の配信開始が発表された。

 歌手で女優のセレーナ・ゴメスが原作と出会ってから6年以上の歳月をかけ、自らが製作総指揮として映像化を実現させた渾身のドラマシリーズ。2017年に配信が開始。自ら命を絶った理由をカセットテープに残した女子高校性ハンナ・ベーカーとその死の真相をめぐって繰り広げられる高校生たちのドラマは、SNSを通した若者の人間関係などをリアルに捉えるとともに、彼らが抱えるさまざまな問題を映し出した作品として、2017年世界でもっともツイートされたミステリードラマとなるなどエンターテインメントの枠を超えた社会現象となった。

 先月18日よりシーズン2の配信が開始。ハンナを失った喪失感を乗り越えようとする登場人物たちの物語は、新たなキャラクターを交えながら、さらに深くそしてドラマチックに展開していき、事件を巡る新たな謎が次々と明かされ、すべての真相に迫る事件が巻き起こっている。

 日本でもネット上で、「シーズン1で完璧に終わってたので、何をやるんだろと思ってたが、シーズン2も容赦のない掘り下げ」、「やばい、これ止まらなくなるやつだ」、「これ、シーズン3あるのか?」「めちゃくちゃ匂わせて終わったから気になる…」など、その展開が大きな話題となっている。

 シーズン3は今年の後半から制作され、全13話のエピソードになる予定とのこと。エグゼクティブ・プロデューサーとして引き続きセレーナ・ゴメスと、脚本も手がけたブライアン・ヨーキーの参加が決定している。



オリコントピックス