アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 窪田正孝、川口春奈の“ヒモ”になる!? 「全力で甘えていきます」 『ヒモメン』ドラマ化

窪田正孝、川口春奈の“ヒモ”になる!? 「全力で甘えていきます」 『ヒモメン』ドラマ化

 おっさん同士の恋愛ドラマの次は、“ヒモ男”の登場だ。俳優の窪田正孝が“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くす“ヒモ男”を演じる、新ドラマ『ヒモメン』が7月よりテレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠(毎週土曜 後11:15〜深0:05)で放送される。ヒモ彼氏を更生させたいヒロインを演じるのは、女優の川口春奈。窪田と川口は本作が初共演で、「この夏は、川口さんに全力で甘えていきます(笑)」と意気込んでいる。

 4月期の土曜ナイトドラマ枠では『おっさんずラブ』を放送。『おっさんずラブ』の主人公は、息子の自立を心底願う母親に突如家出され、実家で後輩イケメン社員と同居をはじめたが…。7月期の『ヒモメン』は、実家を追い出された主人公が、彼女と同棲をはじめるところからはじまる物語。

 原作は、鴻池剛氏の漫画『ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA)。彼氏・翔ちゃんこと碑文谷翔(窪田)と、なりゆきで同棲することになった看護師・春日ゆり子(川口)。これから楽しい同棲生活がはじまるかと思いきや、なんと彼は“ヒモ男”だった。

 定職に就かず、彼女のお金だけで生きていく道を選んだ翔ちゃんは、ダメ男以外の何者でもない。しかし、ゆり子を好きだという気持ちだけは揺るぎない。さらに、“彼女の人生のピンチ=ヒモ生活のピンチ”であるため、ヒモ男は彼女の危機に徹底的に立ち向っていく。“楽に生きる”ために必死なあまり、まったく楽をしていないという状況。そして、失うものが何もないヒモ男が、生きるために奇跡を起こしていく。

 アクション、シリアス、コメディーと、どんな作品でも的確な演技力を発揮してきた窪田。本作で挑む“ヒモ男”という新境地に「これまで幸薄い役が多かったので(笑)、そういう意味では今回すごく幸せな役をいただいたなと思っています」と、にっこり。「楽に生きる」ために、「絶対に働かない」という信念を持つ主人公を「僕はヒモメンという生き方を否定はできないですね」と語った。

■日本はヒモ天国!? ひと味違う社会派コメディーだ

 物語の根底には、女性の社会進出向上により、男が定職に就かずとも“ヒモ”として生きていくことができる、今の日本社会の現実がある。2016年、安倍政権が掲げた“女性活躍推進法”により、女性が活躍しやすい社会を目指す中で、経済的に自立した女性が増える一方、未婚率も上昇。つまり、男を養える経済力を持った女性が増えた結果、“ヒモ”が生息しやすい環境が整ってしまっているともいえるのだ。

 ヒモ男・翔ちゃんと同棲するゆり子は、あの手この手で彼を更生させようと試みるが、ことごとく裏切られていく。笑えるほどの“ヒモ地獄”に堕ちながらも、仕事とは、愛とは、お金とは、平等とは…という命題について考え、いつしか自分なりの答えを見つけ、成長していく。一生懸命生きるゆり子が幸せをつかむまでサクセスストーリーとして見ることもできる。

 「ヒモメンを許してしまう女性の気持ちは少し分かります」という川口は「翔ちゃんの更生を頑張るだけでなく、ゆり子が持つ可愛らしい一面もお見せして、みなさんが応援したくなるようなキャラクターを演じていきたい。ラストは2人一緒に幸せになれるといいな!」と、期待を寄せた。

 窪田は「このドラマはある意味、“ニューヒーロー誕生”というか、新しい恋愛のカタチを描く作品だと思います。爽快なエンターテインメントですが、現代に訴えるメッセージもたくさん込められていますし、今、恋愛をしている人にとっては自分たちの関係を見つめ直すきっかけになる作品でもあります。2人の関係がどんどん深いものになっていく様を、川口さんと共にお見せしていきたいです」と話していた。



関連写真

  • 窪田正孝が爽やかすぎるヒモ男を演じるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(7月スタート)。ヒモ彼氏を更生させたいヒロインは川口春奈(C)テレビ朝日
  • “笑えるバカップル”誕生(C)テレビ朝日

オリコントピックス