• ホーム
  • 芸能
  • 結成10周年s**t kingz、2年ぶり新作舞台に意気込み

結成10周年s**t kingz、2年ぶり新作舞台に意気込み

 結成10周年を迎えた4人組ダンスパフォーマンスグループ「s**t kingz」(シットキングス)が28日、東京・NOS恵比寿で新作舞台ツアー『The Library』(9月13日開幕、横浜赤レンガ倉庫1号館)のお披露目イベントを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 三浦大知BIGBANGEXOら数多くのアーティストの振付やバックダンスを務めてきたダンス界のスターは、10周年の活動をダイジェストにしたオープニングムービーからスタート。キレのあるダンスや得意としている無言芝居などを表情豊かにパフォーマンスした。

 リーダーのshojiは「脱サラダンサーです! パッションのあるダンスが得意です」と自己紹介。それぞれ得意のスタイルのダンスを披露しながら「人からはセクシーなダンスだと言われますが、最近子どもが生まれたので、セクシーにも磨きがかかったと思います」(kazuki)、「メンバーからは天然だと言われます。長身ですが、全身を使ったダンスが得意です」(NOPPO)、「最近はタップもやり始めました!」(Oguri)とアピールした。

 イベントには、昨年のグラミー賞にノミネートされ、新作舞台のテーマ曲をプロデュースした日本人アーティスト、starRo(スターロー)も登場。「もともとダンスを少しやっていたので、ダンサーが喜んでくれる曲を作れたのはとてもうれしい」と話し、s**t kingzは「starRoさんと、Duckwrth(ダックワース)さんと大好きなアーティストがコラボしてくれて夢のようでした」と喜びを爆発させた。

 最後にshojiは「過去にチャップリンやジーンケリーが時代に名を刻んだように、21世紀にはs**t kingzがいたと言われるチームになるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 過去最大の全国7都市を回る新作舞台『The Library』は、9月12〜20日の横浜 赤レンガ倉庫1号館 3階ホール(全12公演)を皮切りに、10月10・11日に仙台銀行ホール イズミティ21(2公演)、10月20・21日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場(2公演)、10月27・28日に広島JMS アステールプラザ中ホール(3公演)、11月3・4日に福岡・ももちパレス 大ホール(3公演)、11月9〜11日に大阪・サンケイホールブリーゼ(4公演)、11月21〜23日に東京国際フォーラム ホールC(3公演)で行われる。

 チラシ・ポスターなどのメインビジュアルは星野源Perfumeらのアートワークを担当するアートディレクター吉田ユニ氏、公演のプロモーションビデオ「世界一かっこよく図書館に本を返しに行く男たち〜バスで行く?電車で行く?いやダンスでしょ!〜」の演出はNintendo スプラトゥーンテレビCMなどを担当した映像ディレクターの針生悠伺氏が手がけた。



関連写真

  • シットキングスがグラミー賞ノミネーターstarRo(中央)とコラボ(C)Takanori Tsukiji
  • 結成10周年を迎えたs**t kingz(左から)shoji、kazuki、NOPPO、oguri(C)Takanori Tsukiji
  • 結成10周年を迎えたs**t kingzのパフォーマンス(C)Takanori Tsukiji
  • 吉田ユニ氏制作のs**t kingz新作舞台『The Library』メインビジュアル

オリコントピックス