• ホーム
  • 芸能
  • 一課長・内藤剛志、63回目のバースデー 安達祐実・ナイツ塙らサプライズ祝福

一課長・内藤剛志、63回目のバースデー 安達祐実・ナイツ塙らサプライズ祝福

 俳優の内藤剛志がきのう27日に63回目の誕生日を迎えたことから28日、都内の撮影所でテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)で共演する金田明夫安達祐実ナイツ塙宣之陽月華らキャスト・スタッフがお祝いのセレモニーを催した。

 きのうは撮休だったが、きょうは早朝からロケ先で撮影を行い、午後、都内スタジオに戻って、“捜査一課長室”のセットで撮影を続けていた内藤たち。夕食休憩に入る直前のタイミングで、スタッフから「1日遅れではございますが、内藤剛志さん、お誕生日おめでとうございます!」と、大きな掛け声が。その合図でバースデーケーキが運び込まれ、撮影現場を代表して安達から大きな花束が贈られた。

 同ドラマで内藤は、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一を熱演中。そんな内藤のためにスタッフがこっそり用意していたのは、東京全土を駆け巡る捜査一課長にちなんで、東京のシンボル“東京タワー”と内藤の人形を並べたスペシャルケーキ。その高さは約40センチもあり、内藤も「デカッ! 最高にうれしいね! 食べるのがもったいないな〜!」と大興奮。キャスト・スタッフによる「ハッピーバースデーの歌」の大合唱に感激の面持ちを浮かべていた。

 今シーズンから谷中萌奈佳役で参加している安達は「ぜひ100歳まで、現役で役者さんを続けていただきたいですね。またそのときも現場でお祝いしたいな!」と祝福。30年来の盟友である小山田管理官役の金田も「ギネスに載るように、100歳以上で連ドラの主役をやってください!」と、改めて内藤にエールを送った。

 そして運転担当刑事・奥野親道役の塙は自身の師匠・内海桂子を引き合いに出し、「内藤さんの生命力はスゴイ! 我々の師匠、内海桂子は今年96歳ですが、それ以上にご活躍いただければ!」と、内藤へのリスペクトを表した。新キャラとして登場した女性管理官・板木望子役の陽月も「いつもすてきな背中を見せていただいてありがとうございます!」と、内藤“一課長”に感謝の言葉を寄せていた。

 “100歳まで現役で”というエールを相次いでもらった内藤は「えっ!? 100歳? もちろん頑張りますよ(笑)」と力強く即答。続けて、「“おめでたい”というよりは、また1年間、生き延びることができてよかったなという思いです。僕はこのドラマで『ホシを挙げる!』と言っていますが、今年のモットーは“腰を上げる!”。63歳になっても腰を上げてしっかり頑張っていきたいと思っております」と、決意を語っていた。



関連写真

  • 5月27日生まれの内藤剛志(中央)が63歳に。『警視庁・捜査一課長』の共演者が祝福(左から)陽月華、安達祐実、内藤、金田明夫、塙宣之(C)テレビ朝日
  • 「100歳まで“腰を上げて”現役で頑張る」と宣言した内藤剛志(C)テレビ朝日
  • 高さは約40センチもあるスペシャルケーキ(C)テレビ朝日

オリコントピックス