アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • “茶道あるある”が満載 黒木華主演『日日是好日』特報公開

“茶道あるある”が満載 黒木華主演『日日是好日』特報公開

 女優の黒木華が主演する映画『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』(大森立嗣監督)の公開日が10月13日に決定し、特報映像と第1弾ポスターが完成した。

 同作は、エッセイスト・森下典子氏が約25年にわたって通い続けた茶道教室の日々をつづったエッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を映画化。母親からの勧めがきっかけで二十歳から茶道を始める主人公・典子を黒木、茶道教室の武田先生を樹木希林、典子のいとこで共に茶道を始める美智子を多部未華子が演じる。

 特報は、茶道のけいこシーンからスタート。顔をしかめながら「これって、何やってるんですか?」と言う典子のせりふの通り、お茶の一つひとつが謎だらけ。四苦八苦する典子たちを見て「お茶ってそういうものなのよ」と微笑む武田先生。「ボチャン!」と大きな音をたてて怒られたり、畳の上を決められた歩数で歩く場面では大股で歩きすぎて歩数があわず慌てたり。黒木、多部の細やかな演技は初心者の“茶道あるある”をユーモラスに表現している。

 茶道教室を舞台にした現代映画は、同作が史上初めて。昨年の11〜12月に横浜近郊を中心に撮影され、今年5月に完成した。お茶の先生役である樹木、時間をかけてお茶を習得していく黒木は茶道未経験で、多部も幼少期に多少の経験があるのみ。撮影前に集中して茶道の指導を受けることになり、短い時間ではあったが指導者も驚くほどの集中力で習得したという。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス