• ホーム
  • 芸能
  • 元女医・脇坂英理子氏、不正請求事件後初テレビ出演 「だまされた」に坂上忍がヒートアップ

元女医・脇坂英理子氏、不正請求事件後初テレビ出演 「だまされた」に坂上忍がヒートアップ

 2016年に診療報酬の不正請求事件で詐欺罪に問われ、有罪判決を受けた元女医の脇坂英理子氏が、きょう17日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(後9:00)に出演。脇坂氏にとって事件後初のテレビ出演となる同番組で、医療業界を震撼(しんかん)させた不正請求事件を脇坂氏に持ちかけたのは一体誰だったのか、なぜ罪を重ねてしまったのかを探る。

 ホスト遊びなど派手な暮らしぶりで注目を集め、バラエティー番組などにも多数出演する「人気タレント女医」として人気を博していた脇坂氏。番組では執行猶予中の脇坂氏を独自取材し、なぜ彼女が不正請求に手を染めたのか、ドキュメンタリーVTRとともに事件の裏側に迫っていく。

 取材VTRの中で、脇坂氏は不正請求に手を出してしまったきっかけや、その行為が不正であることを知ったにもかかわらず、止めることができずに罪を重ねてしまった原因、そして逮捕後の暮らしぶりなどを激白。スタジオにも「直撃ゲスト」として登場し、MCの坂上忍と対談した。

 脇坂氏は、最初のうちは自分がやった行為が診療報酬の不正請求だとは気づいておらず、自分自身もだまされていたとコメント。この言葉に坂上が反応し、対談が次第にヒートアップしていくが、ゲストの安藤和津も娘を持つ親として脇坂氏の態度に激しい怒りをぶつける。番組にはそのほか、岡田結実峰竜太も出演する。



関連写真

  • 元女医・脇坂英理子氏が不正請求事件後初テレビ出演(C)フジテレビ
  • 17日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス