• ホーム
  • 芸能
  • 高橋尚子氏『アジア大会2018』SPキャスターに就任 北島康介氏も現地から解説

高橋尚子氏『アジア大会2018』SPキャスターに就任 北島康介氏も現地から解説

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子氏が、8月18日から16日間にわたり、インドネシアの首都ジャカルタを中心に開催される『アジア大会2018ジャカルタ』のTBS系中継のスペシャルキャスターに就任したことがわかった。スペシャルゲストとして競泳男子100メートル・200メートル平泳ぎでアテネ五輪、北京五輪の2大会連続で金メダリストとなった北島康介氏も出演。2人の金メダリストが現地の特設スタジオから競技の模様を伝える。

サザン「東京VICTORY」がアジア大会&世界バレーのテーマ曲に (18年04月03日)


 きょう10日、開幕までちょうど100日となったアジア大会は、アジア45億人の頂点を決める総合スポーツ競技大会で正式名称は「アジア競技大会」。オリンピック同様、4年に一度行なわれるアジア最大のスポーツの祭典となっている。東京オリンピックを2年後に控え、2020年世代の大活躍が期待される同大会の模様を、ゴールデンタイムを中心におよそ60時間、生中継する。

 高橋氏にとっては「原点」とも言えるアジア大会。1998年のバンコクで当時のアジア最高記録をマークし、それが2年後のシドニー五輪金メダルにつながったという。「東京五輪まであと2年となる今回、選手のみなさんは“アジアのオリンピック”と呼ばれるアジア大会の重さをひしひしと感じ、今年最大の目標と位置づけています。そんなアスリートの思いや生き様を伝えていきたいと思います」と意気込む。

 北島氏は、大会初日からメダルラッシュが期待される日本競泳陣の魅力やストロングポイントなどを、トップアスリートの目線で解説。「アジア大会は自分が世界記録を出した大会でもあります。この1年は、次のオリンピックに向けて弾みをつけたい年。選手のみなさんには、自分がそうであったように、このアジア大会で良い結果を出して自信をつけてほしいと思います。私は自分自身の経験を踏まえ、競泳日本代表の強さの秘訣、選手の魅力などを、選手に近い視点からみなさんにわかりやすくお伝えしたいと思います」と掲げている。

 2人の起用理由について総合プロデューサーの榎本陽氏は「日本・中国・韓国を中心に、年々アジアの競技レベルは飛躍的に上がっています。今大会は2020年の東京オリンピックへとつながる重要な大会。それだけにアジア大会を制して、世界の頂点を極めた高橋さんと北島さんにご出演をお願いしました」と説明。「最強の金メダリストならではの、わかりやすく丁寧な解説、日本人のみならずアジアの超人に関する情報提供、そしてアジアの頂点を目指す2020世代へのエールを期待しています!」とコメントを寄せている。



関連写真

  • TBS系で放送される『アジア大会2018ジャカルタ』のスペシャルキャスターに就任した高橋尚子
  • TBS系で放送される『アジア大会2018ジャカルタ』スペシャルキャスターに就任した高橋尚子 1998年「バンコクアジア大会」女子マラソンで金メダル(当時アジア最高記録)写真提供:フォート・キシモト
  • TBS系で放送される『アジア大会2018ジャカルタ』のスペシャルゲスト・北島康介
  • TBS系で放送される『アジア大会2018ジャカルタ』スペシャルキャスターに就任した北島康介 2002年「釜山アジア大会」競泳男子200m 平泳ぎで金メダル(当時世界記録)写真提供:フォート・キシモト

オリコントピックス