• ホーム
  • 芸能
  • 風間俊介、林修の番組でスピード出世 スタート2週間で“学級委員長”に就任

風間俊介、林修の番組でスピード出世 スタート2週間で“学級委員長”に就任

 俳優の風間俊介が、タレントの林修氏がMCを務めるフジテレビ系バラエティー番組『林修のニッポンドリル』(毎週水曜 後7:57〜9:00)で、きょう9日の放送から“学級委員長”に就任。先月25日の初回放送では“生徒”という立ち位置で、担任の林氏と“副担任”である千鳥ノブの進行を助ける的確なコメントを放っていた風間だが、わずか2週間で“学級委員長”へとスピード出世を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 林氏が、知られざる“ニッポン”について授業する同番組。東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを2年後に控え、訪日外国人観光客数も年々増加している中で、国宝、世界遺産、寺社仏閣、歌舞伎、礼儀作法から、おもてなしや食文化、さらには間違えやすい日本語まで、日本人なら知っておきたい“ニッポンの○○”をテーマに、林氏が唯一無二の「ニッポンドリル」を作成し、講義を開く。

 今回は、知れば絶対に見に行きたくなる世界を驚かせた「日本庭園」を特集。15年連続で日本一美しいと世界に認められた日本庭園などを中心に紹介していくが、普段カメラが入れないところにまで潜入した貴重映像も公開され、風間やゲストの長嶋一茂も「いや〜林先生、すごいですね。くやしいぐらいすばらしい」と舌を巻く。

 テーマにちなみ“花見”に関する話題になると、“ミスター”の愛称で親しまれる長嶋茂雄氏を父に持つ一茂が「幼少の頃は上北沢に実家がありまして、竹やぶや、桜の木も2本ぐらいありましたね。なので、花見に行ったことがないですよ。だって、家に桜があるんだから(花見に)行く必要がないもん!」と語り、スタジオ一同が思わず驚きの声を上げる。

 番組にはそのほか、中田喜子、竹俣紅、鈴木あきえバイきんぐ小峠英二も出演する。



関連写真

  • 風間俊介が『林修のニッポンドリル』の学級委員長に就任(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ
  • 『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス