• ホーム
  • 芸能
  • スキマスイッチ、『おっさんずラブ』出演 田中圭&林遣都とドラマ初共演

スキマスイッチ、『おっさんずラブ』出演 田中圭&林遣都とドラマ初共演

 男性2人組ユニット・スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(毎週土曜 後11:15〜深0:05)の第4話(12日放送)にカメオ出演。過去にコラボ経験のある田中圭&林遣都とドラマで初共演を果たす。スキマスイッチは「圭くんと遣都くんに久しぶりに会えて、うれしかったです」と話していた。

 女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中)、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさんヒロイン”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、同居している“イケメンでドSな後輩ライバル”牧凌太(林)が織りなす“この春いちばんピュアな(おっさん同士の)恋愛ドラマ”。スキマスイッチが主題歌「Revival」を担当している。

 13年前に自身の楽曲「飲みに来ないか」のミュージックビデオで田中と共演したことのあるスキマスイッチ。林とも2008年公開の映画『DIVE!!』でコラボ(林は主演、大橋は主題歌「SKY」を担当、常田は音楽監督として映画に参加)している。

 スキマスイッチが出演するのは、「天空不動産」で働く春田と牧が街頭でチラシを配るシーン。いきなり、ふら〜っと歩いてきたスキマスイッチを見て、春田のテンションが上がる…という一幕。スキマスイッチには急きょ、せりふも与えられることに。そのせりふは、なんと「飲みに来ないか」。田中×スキマのコラボを13年越しで再現。さらに、2人でバーを経営するマスターたち…という設定で、田中のアドリブによりその場でバーの名前が決定。その名前は、第4話の放送内で明らかに。

 撮影終了後、常田は「急にせりふがあるって言われて、ビックリしちゃった! お芝居は緊張するし、難しいですね。今もまだ緊張してます」と苦笑い。大橋も「本番中はなるべく自然にいようと思っていましたけど、そもそも僕らは普段、お芝居なんてやらないですからね。音楽のときとは全然違う緊張感がありました!」と、コメント。ガチガチだった2人を救ったのが、ほかでもない田中と林。大橋は「圭くんと遣都くんがうまくリードしてくれたので、本当に助かりました」と明かし、「さすがお芝居のプロですね!」と感心しきりだった。

 最後に視聴者に向けて、「おそらく僕らを知ってる人たちはハラハラするでしょうね(笑)。『ちゃんとできてる!? 頑張れよ!』みたいな目で、温かく見ていただけると、うれしいです」(常田)と、謙虚なメッセージを寄せた。

 さらに、番組では主題歌「Revival」の『おっさんずラブ』バージョンMVを制作。現在、番組公式サイトおよび、YouTube「テレ朝チャンネル」で公開中。恋の記憶をたどるように、次々と流れるドラマの名場面。MVの中では、スキマスイッチの出演シーンも少しだけ見ることができる。

 なお、公式インスタグラム裏アカ「武蔵の部屋」は現在26万フォロワーを超え、TBSのドラマ『ブラックペアン』や『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』をしのいで、今期のドラマナンバー1のフォロワーを獲得している。

■公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/



関連写真

  • テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』第4話(5月12日放送)にスキマスイッチが本人役で出演(C)テレビ朝日
  • 主演の田中圭との共演シーン(C)テレビ朝日
  • 主題歌「Revival」も担当するスキマスイッチ(C)テレビ朝日

オリコントピックス