• ホーム
  • 芸能
  • 明石家さんまプロデュース、Netflixドラマ『Jimmy』7・20配信開始

明石家さんまプロデュース、Netflixドラマ『Jimmy』7・20配信開始

 “明石家さんま”役に俳優の玉山鉄二を迎えて再撮影されていたNetflixオリジナルドラマ『Jimmy 〜アホみたいなホンマの話〜』が7月20日より、世界190ヶ国で配信されることが決定した。当初は、さんま役で俳優・小出恵介が出演して、昨年7月に配信予定だったが、小出の無期限活動停止による降板を受けて、再撮影と配信日が延期となっていた。

 同作は、明石家さんまが、芸歴43年目で初めて連続ドラマをプロデュース。笑いが世の中を席巻し、日本に最も活気があった時代。子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・ジミー大西は、人気絶頂の明石家さんまと出会い、芸人としての才能が開花。唯一無二の存在となり、やがて芸人の域を超え、世界的な画家へと転身、一方、さんまも快進撃を続け、国民的スターへと上り詰めて行く。そんな2人と彼らを取り巻く強烈なキャラクターたちとの16年にわたる交流、そして嘘のようで本当に起こったエピソードの数々をドラマ化。

 新たに公開されたキービジュアルは、中尾明慶演じるジミー大西の笑顔でとぼけた表情と、それに鋭いツッコミを入れているであろう玉山演じるさんまのイキイキとした表情のキャラクタービジュアルが中央に並ぶ。佐藤浩市演じるTV局の名物プロデューサーや池脇千鶴演じる大竹しのぶ生瀬勝久演じるジミー大西の恩師とも言える野球部顧問の先生、尾上寛之演じる村上ショージ六角慎司演じるMr.オクレら芸人仲間など、2人を取り巻く人々が勢ぞろいする。

 懐かしの“なんば花月”のセットビジュアルも写り込んでいて、ジミーやさんまが劇場を中心に活躍していたお笑いブームの頃の姿を見ることができる。さらには絵描きとしても才能を発揮するジミーが、本作のために描き下ろした「三日月」と大阪の象徴である「通天閣」のイラストも。ジミーらしい、カラフルな色使いとダイナミックなタッチで、キービジュアルのアクセントとなっている。

 “プロデューサー”のさんまは「2年がかりの超大作。俺が思ったとおり、思っていた以上の作品に仕上がりました。初プロデュース作品として大満足!」と、完成した作品への感想を寄せている。

 また、主題歌はMISIAが担当。さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない、甲斐バンドの「最後の夜汽車」をカバーした。米ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也がアレンジを手掛けたスペシャルバージョンでドラマに彩りを添える。



オリコントピックス