• ホーム
  • 芸能
  • スーパー家政夫・三田園直伝、不倫の痕跡を消す家事テクニック公開

スーパー家政夫・三田園直伝、不倫の痕跡を消す家事テクニック公開

 松岡昌宏TOKIO)扮する、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣先の家庭・家族の内情をのぞき見してスクラップ・アンド・ビルドを誘発するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)。27日放送の第2話は、不倫がテーマ。不倫の痕跡を消し去るテクニックが紹介されている。

 その中から一つだけ、放送前に紹介することが許されたテクニックは、部屋に残ってしまった女性の香水のニオイをスッキリと消す方法。用意するものは急須で淹(い)れた緑茶とタオル。緑茶をかけたタオルを軽く絞ったら、そのタオルを消臭したい場所で振り回すだけ、というお手軽テクニックだ。

 緑茶に多く含まれるカテキンには消臭効果がある上、水分自体にもニオイを吸収する作用があるので、その効果はバツグン。あっという間に気になるニオイを消し去ってくれる。その際大事なポイントとなるのは「腰」(三田園・談)。腰をグッと入れ、気合いを入れてタオルを振り回せば、不倫の痕跡は跡形もなく(?)消せるはず。

 第2話では、派遣された家庭を訪問した早々、その家の主人である研一(近藤公園)の不倫現場に遭遇してしまう三田園と麻琴(剛力彩芽)。研一から「妻にバレたら困るので、部屋に女性がいた痕跡を消してくれ」と懇願された三田園は、麻琴からの冷た〜い視線を浴びながら、秘伝の“不倫の痕跡を消し去るテクニック”を披露する。ニオイ消しもだが、シャツについた口紅の落とし方など、不倫をしている人にも、してない人にも役立つテクニックが登場する。



オリコントピックス