• ホーム
  • 芸能
  • とろサーモン、念願の銅像完成に大喜び「感無量です」

とろサーモン、念願の銅像完成に大喜び「感無量です」

 お笑いコンビ・とろサーモンが25日、宮崎県アンテナショップ「新宿宮崎館KONNE」のリニューアルオープンイベントに出席。宮崎出身の2人が銅像になった“ひなたの縁側像”がお披露目され、「うれしい。リアル過ぎる」と大喜びした。

【写真】その他の写真を見る


 過去に宮崎空港に設置された俳優の温水洋一の銅像“ひなたぬくぬくベンチ”に続く第2弾として、とろサーモン銅像と一緒に座れる“ひなたの縁側像”が制作。入り口=縁側に座り、とろサーモンがお客を出迎えるように同所に設置される。

 『M-1グランプリ2017』優勝後から「銅像を作りたい」と話してきた2人。実際には宮崎空港への設置を望んでいたが、完成した銅像と対面すると共に「うれしい」と大喜び。あまりのリアルさに、久保田かずのぶは「これもう亡くなった人やん」と驚きつつ、「やっぱり(作りたいと)言ってみるもんですね。親も喜んでいると思います」と珍しく本当にうれしそう。村田秀亮も「猫背の部分もしっかりしている。ここまで完成度高いと思わなかったので、感無量です」と感慨深げだった。

 イベントには宮崎県知事の河野俊嗣氏も出席した。同所は28日にリニューアルオープン、“ひなたの縁側像”は5月31日まで展示される。



関連写真

  • 念願の銅像完成に大喜びのとろサーモン (C)ORICON NewS inc.
  • 制作の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • とろサーモン銅像と久保田かずのぶ (C)ORICON NewS inc.
  • 宮崎県アンテナショップ「新宿宮崎館KONNE」のリニューアルオープンイベントに出席した(左から)村田秀亮、とろサーモン銅像、 久保田かずのぶ
  • とろサーモン銅像=宮崎県アンテナショップ「新宿宮崎館KONNE」のリニューアルオープンイベント
  • とろサーモン銅像と村田秀亮=宮崎県アンテナショップ「新宿宮崎館KONNE」のリニューアルオープンイベント

オリコントピックス