• ホーム
  • 芸能
  • マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経がオフィス北野からFA宣言 残留・移籍・独立を検討

マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経がオフィス北野からFA宣言 残留・移籍・独立を検討

 米粒写経のサンキュータツオ、プチ鹿島マキタスポーツが23日深夜放送のラジオ番組『東京ポッド許可局』(TBSラジオ 毎週月曜 深0:00〜1:00)に出演。所属事務所であるオフィス北野から3組そろってFA(フリーエージェント)宣言を行い、退所・独立も含めた行動に移る予定であることを明かした。

 この日の放送では「ご報告論」と題して、冒頭でサンキュータツオが「今から話すことはマジなことなので。とりあえず、僕ら3人および3組からご報告」と切り出すと、マキタと鹿島が「オフィス北野を退所することに決めました」とコメント。タツオが「米粒写経も、オフィス北野を退所することになりそうです」と続けた上で、ビートたけしの独立に端を発したオフィス北野の騒動をおさらいしていった。

 鹿島は週にラジオ4本、テレビ2本、AbemaTV1本、原稿は月に15本を抱える売れっ子で、マキタもレギュラー番組のほかに、音楽活動・俳優業で大活躍。米粒写経も、タツオが辞書の知識を活かして、このほど改訂された『広辞苑 第7版』の執筆に携わるなど、引っ張りだこの状態の3人。今回の騒動を受けて、会社の規模が縮小し、深刻なマネージャー不足に悩まされているといい「この事務所が大好きなのでやっていきたいという気持ちはあるんですけど、現場での負担が大きくなってきた」と今回の決断にいたった理由を説明した。

 仕事のクオリティー低下をさけるため、米粒写経、鹿島、マキタの3組でまずはFA宣言をすることで、他事務所との交渉を解禁。鹿島は「今回、自分たちの希望ではじまった訳じゃないので、いろんな選択肢をさらしていくしかないんだよね。僕が考えているのはオフィス北野も含めた、僕らに興味のある事務所さんに手を挙げていただいたところも含め、もしくはお話をしていただきたい。もし、オフィス北野が一人ひとりにマネージャーをつけるということになれば、残留でもいいわけで…。3組セットで移籍、もしくは3組がバラバラでオファーが来たところに所属するのか、もしくは新しい会社を立ち上げるかも含めて考えたい」と語った。

 『ポッド許可局』継続については、タツオが「TBSラジオサイドにもこの番組の維持は許可を得ている」と明言。今回のFA宣言についても森社長とたけしにも報告済みで、たけしからは「頑張れよ」とエールが送られたという。番組終盤には、CS番組『真相深入り! 虎ノ門ニュース』(月曜〜金曜 前8:00)のMCを務めているタツオの相方・居島一平も登場し、自身の思いを打ち明けていた。



オリコントピックス