• ホーム
  • 芸能
  • 【西郷どん】渡辺謙、熱演は大河ドラマへの“恩返し” ツイッターは「3回推敲」

【西郷どん】渡辺謙、熱演は大河ドラマへの“恩返し” ツイッターは「3回推敲」

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に薩摩藩主・島津斉彬役で出演する渡辺謙(58)。昨年、出演が発表された時、「俳優としての基礎を育てていただいた『大河ドラマ』に恩返しをさせてもらう機会をいただきました」とコメントを発表していた。渡辺の“恩返し”とは? 本人が語ることばに耳を傾けた。

【写真】その他の写真を見る


 渡辺は大河初出演作となる1984年の『山河燃ゆ』で三船敏郎、『独眼竜政宗』では勝新太郎といった当時の日本のトップスターと共演している。『山河燃ゆ』の後、連続テレビ小説『はね駒』(86年)でヒロインの夫役を経て、『独眼竜政宗』に主演し、圧倒的な存在感を放って一躍スターダムを駆け上がった。

 『西郷どん』で演じる島津斉彬は、主人公・西郷吉之助(隆盛)が師と仰ぎ、その人生に最も大きな影響を与えた人物。斉彬と吉之助の関係を、1987年の大河ドラマ『独眼竜政宗』に当時30歳で主演した渡辺と、『西郷どん』に主演する鈴木亮平(35)を重ねて見る向きも多い。

――大河ドラマで培った俳優としての基礎とは?

【渡辺】それはもう、ありとあらゆることです。歩き方、立ち居振る舞い、着物の着方、鎧の付け方、刀の差し方…、基礎中の基礎を叩き込んでいただいたのが大河ドラマの現場でした。今は、所作などの指導の方から「あいつは大丈夫」と過信されてしまうのが危ないくらい。「間違っていたら言ってください」とお願いしています(笑)。現場で気づいたことがあれば、意見するし、けっこう面倒くさい役者になってきているかもしれないですね(笑)。それくらい大河ドラマの現場でいろんなことを教えてもらいました。時間をかけて、実践の中で学ぶことができる機会はほかにない。世に出るチャンスではなくて、学ぶチャンス。これからも大河ドラマはそういう現場であってほしいな、と思います。

――『西郷どん』の出演者に取材していると、渡辺さんと共演できることを「光栄」と喜び、励みにしているという声をよく聞きます。大河初出演から30年以上の月日が経ち、自分が後輩から目標とされる立場になって思うことは?

【渡辺】おそらく先人たちは、ひたすら自分がやりたいこと、自分がやらなければいけないことに向かって突っ走っていたと思う。その背中を当時の僕らが勝手に追いかけていた。そして、今の僕は、自分がやりたいこと、やらなければいけないこと、求められていることに対してどこまで真摯にやれるか、ということと日々闘っている。今回は、藩主と役をいただいて、劇中での主従関係はありますが、俳優としては、横綱・大関であろうが平幕だろうが、塩まいて土俵に上がれば、力いっぱい当たるだけ。自分が幕下、十両の頃からそう思って演じていたし、鈴木くんもそういう感じでぶつかってきてくれていますよね。本当に、彼はナイスガイです。

――前回、出演した大河ドラマ『北条時宗』(2001年)からは17年ぶり。この間に、世論を動かすツールとしてソーシャルメディアが急成長しました。

【渡辺】放送が始まってからのリアクションには驚きましたね。メディアの中のドラマの在り方、大河ドラマの在り方が、こんなにも様変わりしていたのか、と。作り手としては変わらずに、どうやったら視聴者に喜んでもらえるか、試行錯誤しながら、丁寧に作っているんですけど、情報の流れがあまりに速すぎて。賛否両論があったり、物議を醸したりするのはいいことだと思うんですが、それをドラマづくりにどう反映したらいいのか、答えは見つかっていませんが、とにかく反応の速さに驚いています。

――渡辺さんもツイッターで『西郷どん』の見どころを投稿していますよね。ドラマが見たくなるような絶妙な文章だな、思っていましたが、気をつけていることは?

【渡辺】下書きをして、最低3回は推敲(すいこう)しています。関心をもってもらうためのフックになっているかな? ネタバレになっていないかな? といったことを確認してから発信するようにしています。これまでで一番、盛り上がったのは、ロシアンルーレットの回(1月28日放送の第4回)でしたが、薩摩藩にあったといわれる「肝練り」をご存知な方もいて、本当によく知っているな、と感心しました。これも、ドラマの楽しみ方の一つだと思って、僕も楽しんでいます。ツイッターにも書きましたが、放送前に核心に触れることは書かないというのは、暗黙の了解として、よろしくね、って思います。

――『西郷どん』の島津斉彬を演じてどうでしたか?

【渡辺】斉彬が面白い人物だと思うのは、今、やらなきゃいけないと思ったら真っ直ぐなところですね。実物を一度も見たことがないのに外国の書物を参考に蒸気船をつくったり、反射炉をつくったり。失敗もしているけど、相当なエネルギーだったと思う。それは、当時の諸大名の中にあって相当魅力的というか、突出していた。そんな斉彬に触発されて、吉之助が新しい時代に向かっていく。根源的なエネルギーみたいなものは受け渡していきたいと思っています。

――今年の誕生日(10月21日)で59歳、来年還暦を迎えますが、今後の抱負は?

【渡辺】40代ぐらいから仕事のフィールドを広げてきたんですが、うまくいってもいかなくても、「まぁ、いいか。次に行こう」という感じがすごくある。自分を否定する必要もなくなったというか。「渡辺謙とはこういう俳優だ」と言われても、ことばとして正しくないかもしれないけど、うれしくない。渡辺謙って、こんななの? あんなこともするの? と言われるくらい、フットワークを軽くしていきたい。肉体的には前にできたことができなくなることもあると思うけど、精神的なフットワークは軽くしていきたい。呼んでいただけるのであれば、大河ドラマにまた出たいですね。その時は、思いもかけないような役がいいじゃないですか!



関連写真

  • 大河ドラマ『西郷どん』第15回より。幼い頃、西郷吉之助(鈴木亮平)が島津斉彬(渡辺謙)と対峙した場所で再び(C)NHK
  • 鶴丸城にて。斉彬に「兵を挙げてくださいもんせ!」と訴え出る吉之助(C)NHK
  • 練兵の陣頭に立つ斉彬(C)NHK
  • 大河ドラマ『西郷どん』第15回より。島津斉彬(渡辺謙)(C)NHK

オリコントピックス