• ホーム
  • 芸能
  • 加藤清史郎、日本人のトイレに対する向上心に驚き

加藤清史郎、日本人のトイレに対する向上心に驚き

 暗くて、汚い…そんなマイナスのイメージは今や昔!? 誰にとっても、毎日使う身近な場所であり、生きていく上で欠かせないモノ、トイレの話だ。今、日本のトイレが変わりつつある。2020年問題。それはオリンピックではなくトイレのこと。訪日外国人の増加に伴い、日本式トイレの使い方がわからないとトラブルが続発し、東京都は急ピッチで公園や公共施設のトイレの改装を進めている。駅や百貨店でも、快適性を高めようとユニークなトイレが続々登場。そんなトイレの話題を特集した番組『トイレの話 大なり小なり』が、NHK・BSプレミアムで21日(後11:45〜深0:44)に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 番組では、あらゆる職業、年齢、性別の人々に「あなたにとって“理想のトイレ”はどんなトイレ?」をリサーチ。出演は、矢作兼おぎやはぎ)、壇蜜加藤清史郎。番組収録後、「友だちや家族とトイレの話題で話すことが増えて、自分でも驚いています(笑)」と話す加藤に、見どころを聞いた。

 加藤は「自分はふだん何気なくトイレを使っていますが、日本のトイレに世界中が注目していているなんて知りませんでした。日本ならではの技術が生かされていて、日本人のトイレに対する向上心に驚きました」と、収録時を振り返る。

 番組セットはトイレの内装を模したもの。「最初は緊張していたんですが、収録しているうちになぜかものすごく気持ちが落ち着いてきて、トイレってやっぱり居心地のいい空間なんだなと。番組ではトランスジェンダーの方々にとってのトイレの問題にも触れていますが、僕が感じたように、誰にとってもトイレが快適な空間になればいいなとも思いました」。

 最後に「矢作さん、壇密さんのお話もとても面白くて、トイレについて楽しみながら新発見ができる番組です。誰もが使うので、共感できるポイントも多いと思います! ぜひ見てください!」と呼びかけた。



関連写真

  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』に出演する加藤清史郎(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』(左から)矢作兼、壇蜜、加藤清史郎(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』収録風景(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』収録風景(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』(C)NHK
  • 4月21日放送、NHK・BSプレミアム『トイレの話 大なり小なり』(C)NHK

オリコントピックス