ドラマ&映画 カテゴリ

2020年にNHKで放送される大河ドラマ(第59作)が、明智光秀を主人公とした長谷川博己(41)主演の『麒麟(きりん)がくる』と19日、発表された。同日、東京・渋谷のNHKで会見が行われ、主演の長谷川、脚本を担当する池端俊策氏が出席した。 同作は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦いを繰り広げる少し前、青春時代から描く「ビギニング物語」にして「一大叙事詩」。大河ドラマ第29作『太平記』を手がけた池端氏のオリジナル作品。東京五輪を迎える21世紀の大きな節目となるメモリアルイヤーに、「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描き、「大河新時代」の幕開けを目指す。

この記事の画像

  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』に主演する長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 制作会見に出席した(左から)長谷川博己、池端俊策氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』に主演する長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』に主演する長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の脚本を担当する池端俊策氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索