• ホーム
  • 芸能
  • 小林幸子、プライベートでも仲良し 高橋みなみと『ミュージャック』で対談

小林幸子、プライベートでも仲良し 高橋みなみと『ミュージャック』で対談

 歌手の小林幸子が、20日深夜に放送される、カンテレの音楽バラエティー番組『ミュージャック』(毎週金曜 深1:55〜2:25※関西ローカル)に特別ゲストとして初出演。MCの高橋みなみと対談を行った。

【写真】その他の写真を見る


 収録では、番組冒頭から「めちゃくちゃテンション上がっています! スペシャルゲスト、小林幸子さんです!」とたかみなが呼びかけると、小林が「いや〜うれしい! よろしくお願いします!」と、手を取り合い久しぶりの共演を喜んだ。プライベートでも一緒にお酒を飲む間柄で、たかみながAKB 48を卒業した次の日にイベントの仕事で会った際、「卒業おめでとう!」と、小林がグラスをプレゼントしてくれたというエピソードが披露される。

 対談では、“ジェンガ”を引いて、出たお題について話す“ジェンガトーク”を敢行。1つ目のテーマ、“過去に戻れるなら、いつに戻って何がしたい?”について、小林は「はっきり言って、過去には全然戻りたいとは思ったことがない」と言い切るも、「1つあるとしたら…」と大切な思い出がある、“その時間”に戻りたいと明かす。たかみなは、「14歳でお仕事を始めて、学生時代を謳歌しきれなかった!」と、過去に戻って経験してみたいことがあるようだ。

 続いてのトークテーマは、“最近、注目しているアーティストは?”。小林がずっと好きだったある世界的な歌手とのエピソードを語る。最近の同世代のアーティストに関して、たかみなは「才能にあふれすぎて嫉妬する」と本音をポロリ。小林がすかさず「嫉妬するって、そのエネルギーっていいよね」と小林ならではの持論を展開し、たかみなも納得。お酒を酌みかわす2人だからこその深い話となり、小林とたかみなの幼い頃の話など、熱いトークが展開される。

 さらに、“忘れられない悔しい思い出”というお題が出ると、小林は「いっぱいあるよ〜。どれ言ったらいい(笑)?」と余裕の顔。10歳から芸能界で活躍し、「大人の事情を知り尽くした」という小林ならではのさまざまな経験や想いとは?

 今後、小林と高橋の新コーナー「小林幸子にあのミュージックビデオを見せたら何ていうんだろう!?」もスタートする。



関連写真

  • カンテレ『ミュージャック』4月20日放送回に小林幸子が初出演(C)カンテレ
  • 高橋みなみとジェンガトーク(C)カンテレ
  • 高橋みなみと小林幸子の新企画も始動(C)カンテレ
  • カンテレ『ミュージャック』4月20日放送回に小林幸子が初出演(C)カンテレ

オリコントピックス