• ホーム
  • 映画
  • ピース又吉、映画撮影現場で珍しく声を荒げる「無茶苦茶寒かったから…」

ピース又吉、映画撮影現場で珍しく声を荒げる「無茶苦茶寒かったから…」

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹(37)が14日、都内で行われた映画『海辺の週刊大衆』の初日舞台あいさつに出席。3月上旬にTシャツ姿で臨んだ撮影を振り返り「僕あんまりスタッフさんに要求したりしないタイプなんですけれど、寒すぎて『なんか、あの暖かいやつとかないですかね』って何回か声を荒げた瞬間ありました。無茶苦茶寒かったから」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、せきしろ氏(47)の小説を映画化。無人島に取り残された又吉演じる男が、砂浜にあった雑誌「週刊大衆」を糧に、助けを待ち続ける姿を描く。

 昨年の『島ぜんぶでおーきな祭 -第9回沖縄国際映画祭-』で上映するため、トータル4日間で撮影したといい、ヒロインを演じたNMB48渋谷凪咲(21)は「てんやわんやで、右も左も分からなかった」と振り返りつつ、「楽しかったっていうのと、いい作品に出られたっていう記憶だけはあります」とにっこり。又吉は「せきしろさんの原作が好きだったので、その感じが出せたらと思って演じました」と話していた。

 そのほか、高橋努(39)、せきしろ氏(47)、太田勇監督が出席。司会はしずる村上純(37)が務めた。



関連写真

  • 映画『海辺の週刊大衆』初日舞台あいさつに出席した又吉直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海辺の週刊大衆』初日舞台あいさつに出席したNMB48・渋谷凪咲 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『海辺の週刊大衆』初日舞台あいさつに出席した村上純、高橋努、渋谷凪咲、又吉直樹、せきしろ氏、太田勇監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海辺の週刊大衆』初日舞台あいさつに出席したしずる・村上純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海辺の週刊大衆』初日舞台あいさつに出席した太田勇監督

オリコントピックス