アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 南野陽子、50歳でセーラー服 山内惠介の絶賛に「恥ずかしい…」

南野陽子、50歳でセーラー服 山内惠介の絶賛に「恥ずかしい…」

 演歌歌手の山内惠介(34)と女優の南野陽子(50)が5日、東京・有楽町のニッポン放送内で行われた『山内惠介 東京・明治座初座長公演』記者会見に出席。同作の舞台が1963年となっていることにちなみ、当時の雑誌『明星』を意識したポスター撮影を敢行。その中で“セーラー服”姿を披露している南野に、山内は「南野さんのセーラー服がすばらしい。『ナンノこれしきっ!』っていう感じですね」と南野がかつて同局で放送していた番組名を引き合いに絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 一方の南野は「はじめは、山内さんのお母さん役ということでお話をいただいたので、安心して引き受けたんですけど、さすがにこれはないだろうと思いました。恥ずかしいです」とポツリ。「お芝居の中ではセーラー服を着ないのですが『明星』っぽいポスターを撮りたいということで、着させていただきました」と控え目にアピールした。

 今回の公演は、山内演じる売れないミュージシャンが突然気を失い、1963年にタイムスリップしたことから物語が展開する『1963年 父の青春 僕はあの日の高校3年生』と、1960年代の名曲から紅白出場曲までを山内が歌う歌謡バラエティーショー『ゴールデン歌謡ショー惠介のヒットパレード2018』の2部制となっている。

 山内は、歌謡ショーでの南野出演に期待を寄せ「それはもう『はいからさん』に通ってほしいですよね。デュエットもさせてもらいたいです」とここでも南野の楽曲を引き合いにラブコール。南野は「みなさん、山内さんの歌を聴きにいらっしゃると思うので」と恐縮しながらも「もし、ご一緒に歌わせていただけるのであれば…ここは要相談ということで」と笑顔で呼びかけていた。

 同公演は、8月5日から15日まで東京・明治座で上演される。



関連写真

  • 南野陽子(左)のセーラー服姿を絶賛した山内惠介(C)ORICON NewS inc.
  • 山内惠介 (C)ORICON NewS inc.
  • 南野陽子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『山内惠介 東京・明治座初座長公演』ポスター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス