• ホーム
  • 芸能
  • 舞台『火花』が開幕 観月ありさ、ピース又吉と共演「照れてしまいます」

舞台『火花』が開幕 観月ありさ、ピース又吉と共演「照れてしまいます」

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹の芥川賞受賞小説『火花』を舞台化した舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』が30日、東京・紀伊國屋ホールで初日を迎えた。

【写真】その他の写真を見る


 同舞台は2本仕立てのストーリーで展開し、NON STYLE石田明、俳優の植田圭輔を軸にした原作の物語とは別に、作品の世界観を朗読する“アナザーストーリー”を追加。観月ありさと又吉が本人役としてストーリーテラーを務め、冒頭には観月が又吉を抱きしめるシーンも登場する。

 本人役以外にも石田演じる神谷の恋人役で登場する観月は、公開ゲネプロを終えて「切り替えが難しかったです」とコメント。又吉と2人芝居のシーンが多く、「普段も交流が多いので、正直照れてしまいます。コメディー要素が多い舞台で、芸人さんたちの前で笑いを取るのが難しいのですが、そんなときは笑いのバロメーターとして又吉くんの笑い方を確認しています」と信頼を寄せた。

 「僕だけが特に緊張してたみたいなゲネになったかなとは思う」と振り返った又吉は、「でもみんなの芝居を見ていて、いい意味で引っ張られるというか、『なるほど、こういう話なんや』っていうのがさっきのでなんか、わかりましたね」と安心したようで、「火花を読んだことない方も、読まれた方にも楽しんでいただけると思います」と手応えをにじませた。

 4月15日まで同所にて、5月9〜12日まで大阪・松下IMPホールにて上演。



関連写真

  • 舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』で共演する観月ありさ、又吉直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』公開ゲネプロの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』公開ゲネプロの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』公開ゲネプロの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『火花 〜Ghost of the Novelist〜』公開ゲネプロの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス