• ホーム
  • 芸能
  • “家事えもん”松橋周太呂、一般女性と結婚していた 『得損』スペシャルで初告白

“家事えもん”松橋周太呂、一般女性と結婚していた 『得損』スペシャルで初告白

 家事が得意な“家事えもん”として活躍している、お笑い芸人の松橋周太呂(33)が29日放送の日本テレビ系バラエティー『得する人損する人』2時間スペシャル(後7:00)で、電撃結婚を初告白していることが、わかった。お相手はOLをしている一般女性(26)で、詳細は4月12日放送のスペシャルで明らかになる。特技をフル活用している同番組で、自身に訪れた人生の春をどう“料理”するか注目が集まる。

 NSC東京校9期生の松橋は、2006年に同期の赤羽健一、児玉智洋とともにお笑いトリオ・ジューシーズを結成。15年12月に解散した後は“ピン芸人”に転向し、得意の家事を生かして、バラエティー番組などで活躍している。

 この日のスペシャルでは、箱根駅伝4連覇を達成した青山学院大学陸上部の選手、原晋監督の妻で陸上部の寮母を務める美穂さんが出演。約40名の選手たちが共同生活を送っている寮生活の1日に密着し、家事えもん、新川優愛、井戸田潤の3人が陸上部の寮に潜入し悩みを解決する。

 そのほか、ANZEN漫才のみやぞんが母校の足立区立寺地小学校に凱旋して“恩返し”する企画や、同番組が誇る神の舌の持ち主“サイゲン大介”の愛称で親しまれている、お笑いコンビ・うしろシティの阿諏訪泰義による料理テクニックのコーナーなどが放送される。



オリコントピックス