• ホーム
  • 映画
  • S・スピルバーグ監督、新作引っさげ13年ぶり来日へ

S・スピルバーグ監督、新作引っさげ13年ぶり来日へ

 映画『E.T.』(1982年)、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『シンドラーのリスト』(94年)などを手がけてきた“巨匠”スティーブン・スピルバーグ監督(71)が、新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)のプロモーションのため来日することが27日、わかった。05年に『宇宙戦争』で来日して以来、13年ぶり。4月18日にはキャストと共にジャパンプレミアに登壇予定。

 同作は、アーネスト・クライン氏のベストセラー小説を映画化。2045年を舞台に、主人公の17歳の少年ウェイドらが、巨大なVRワールド「オアシス」に仕掛けられた3つの謎を解き明かし、全人類が参加する宝探しを制するために壮大なアドベンチャーに挑む。映画やゲーム、アニメが夢の共演を果たすことでも話題を集めており、日本からもガンダムや、『AKIRA』の金田のバイクなど、数多くの作品が登場する。

 スピルバーグ監督と共に来日するのは、『X-MEN:アポカリプス』のサイクロップス役で知られ、主人公ウェイドを演じているタイ・シェリダン、ヒロイン役のオリビア・クック。日本からはダンスボーカルユニット・PrizmaX森崎ウィンもメインキャストの一人として出演しており、ジャパンプレミアに登場する。

 現地時間26日には米・ロサンゼルスのドルビー・シアターでワールドプレミアが開催され、スピルバーグ監督を筆頭に、シェリダン、クック、サイモン・ペッグ、ベン・メンデルソーン、森崎らが出席。全世界から100以上の報道陣や1000人以上のファンが会場に詰めかけ、森崎は「この場に立てていることが本当に信じられません。夢から覚めてしまうのでは、という恐怖もありますが、作品への達成感はとてもあります」とコメント。劇中ではしっかり存在感を発揮しており、森崎を抜てきしたスピルバーグ監督は「日本以外からもたくさんの俳優がオーディションに来たけれど、ウィンは特別だった!」と絶賛している。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED



関連写真

  • 13年ぶりに来日するスティーブン・スピルバーグ監督
  • 森崎ウィン
  • タイ・シェリダン、オリビア・クック、リナ・ウェイス、スティーブン・スピルバーグ監督、サイモン・ペッグ、森崎ウィン、ベン・メンデルソーン

オリコントピックス