• ホーム
  • 芸能
  • 坂口健太郎、初座長は「大きな目標だった」

坂口健太郎、初座長は「大きな目標だった」

 俳優の坂口健太郎が初主演する4月10日スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜 後9:00)の取材会が、このほど大阪で開催された。初めて“座長”を務める坂口は「本当に今が主演をやらせていただくタイミング」と同作にかける思いを口にした。

【写真】その他の写真を見る


 坂口は「これまで“座長”という1番手の方を見てきた中で、今回は僕なりの正解が見つかればいいなと思います」としたうえで「気負いなく、自分が1番力を抜いてできて、1番焦りもない形で、僕でいられたらいいかな」と、警察官・三枝健人(さえぐさ・けんと)役に自然体で臨む。

 キャストには、吉瀬美智子渡部篤郎のほか、木村祐一池田鉄洋青野楓、神尾楓珠、甲本雅裕といった、注目の若手からベテランまでの実力派俳優たちが名を連ねる。3月上旬にクランクインした現場での状況について坂口は「全員がこの作品に対しての熱量がすごく強いし、監督たちなどとも密にやりとりできていると思います。健人のせりふや行動一つ取っても、擦り合わせの時間をちゃんともってくれるので、お芝居するときに頭の中にハテナがない状態でできていて、役をやる身としてはありがたいです」と話した。

 また、テレビドラマ初主演の心境については「一つの大きな目標だった」と明かし、「本当に今が主演をやらせていただくタイミングなんだなって思うし、出会うべき作品と出会えて、今こうやって主演をできるというのは、自分でもこの作品に対して期待していて『いい作品になればいいな』と思います」と口にした。

 本作は坂口が演じる警察官・三枝健人が、謎の無線機を通じて過去の時間を生きるもう一人の刑事と出会い、協力して未解決事件を解き明かしていくヒューマンサスペンス。プロファイリングを得意とし、坂口も知識を身に着けた。

 演じる健人については「憎しみだったり苦しみだったり悲しみだったりが、自分の行動力の起点となっている男の子」と分析。「楽しさややりがいというものにエネルギーを感じている」という自身とは違いがあり、共通点が見つからなかったと言う。しかし、最近では「エネルギーを発散する方向性はすごく近い」と感じているそうで、共通点を見つけたことによって、より健人を理解できるようになったと明かした。

 最後に「どこかで呼吸を忘れる作品にはしたいと思うし、やっぱりドキドキもしてほしい!」と視聴者に呼びかけ「いろんなハテナを持ったまま、健人と一緒に悩んで、健人と一緒に『これはどういうことなんだろう?』『これはどうなっていくのかな?』と想像してほしいです!」と見どころを語っていた。



関連写真

  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で主演を務める坂口健太郎 (C)カンテレ
  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』劇中カット (C)カンテレ
  • カンテレ大阪本社正面玄関の8メートル大型看板前で (C)カンテレ
  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で主演を務める坂口健太郎 (C)カンテレ
  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で主演を務める坂口健太郎 (C)カンテレ
  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で主演を務める坂口健太郎 (C)カンテレ
  • ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』劇中カット (C)カンテレ

オリコントピックス