• ホーム
  • 音楽
  • GENERATIONS、初の中国ツアーで現地ファン熱狂

GENERATIONS、初の中国ツアーで現地ファン熱狂

 7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが18日、中国・上海美キ(王へんに其)大劇院で『GENERATIONS CHINA TOUR 2018 “MAD CYCLONE”』の最終公演を行い、3都市9公演計1万5000人を動員した自身初の中国ツアーを打ち上げた。

【写真】その他の写真を見る


 本ツアーは、昨年日本国内10都市で行われたアリーナツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2017 “MAD CYCLONE”』のステージ演出をそのままに、中国の深セン(土へんに川)、北京、上海の3都市の各ホールで実施。メンバーのパフォーマンスをより間近に実感できるライブとなった。

 GENERATIONは2015・17年に海外ツアーを開催し、中華圏の香港と台湾でライブを行っているが、中国では初。ボーカル・片寄涼太が主演したドラマ/映画『兄に愛されすぎて困ってます』が動画サイトを通じて広まり、グループ人気にも火が付いた。片寄のウェイボー(中国版ツイッター)のアカウントは1ヶ月余りで66万人にフォローされ、中国への入国時には毎回、空港に300人を超すファンが殺到するほどの人気ぶりとなっている。

 今回のツアーで披露した20曲は全て日本語での歌唱だったが、現地のファンは大盛り上がり。MCではメンバーそれぞれが日頃の勉強の成果を発揮し、流ちょうな中国語や英語でトークし、会場は熱気でむせ返った。

 日本では5月から自身初のドームツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY”』(4都市10公演)をスタートさせる。



関連写真

  • 初の中国ツアーを成功させたGENERATIONS from EXILE TRIBE
  • (左から)GENERATIONSボーカルの片寄涼太、数原龍友
  • 初の中国ツアーを成功させたGENERATIONS from EXILE TRIBE
  • 初の中国ツアーを成功させたGENERATIONS from EXILE TRIBE

オリコントピックス