アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『ジュマンジ』楠大典ら吹き替え声優発表 “高校生役”に木村良平、水瀬いのり

『ジュマンジ』楠大典ら吹き替え声優発表 “高校生役”に木村良平、水瀬いのり

 “ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが出演する映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(4月6日公開)の日本語吹き替え声優が19日、発表された。『カリフォルニア・ダウン』(2015年)など数多くの作品でジョンソンの吹き替え声優を務めた楠大典が今回も担当するほか、高木渉伊藤健太郎白石涼子木村良平M・A・O武内駿輔水瀬いのりが参加する。

 学校の地下室で発見した呪われたテレビゲーム「ジュマンジ」の中に吸い込まれてしまった4人の高校生が、キャラクター=アバターの姿になりながらも、現実世界に戻るため、猛獣だらけの超危険なジャングルに覆われたステージをクリアしようと奔走する。3月30日より、MX4D/4DXにて先行上映される。

 ゲームの中の世界に入り込んでしまった高校生たちは、自分にいったい何が起きたのか状況をつかめていないまま、見た目も、中身も違うキャラクター=アバターとなり、ジュマンジの世界を冒険することに。ジョンソン演じる、勇敢で無敵なムキムキ冒険家ブレイブストーン博士役の楠は、ロビン・ウィリアムズさんが出演したオリジナル版の吹き替えをテレビで見ていたといい、「まだ声の仕事を始めたばかりの私は、こんな作品に早く関われるようになりたいなと思った記憶があります」と今回の参加を喜んでいる。

 ブレイブストーン博士と共にジュマンジの世界を冒険する地図専門家・オベロン教授(ジャック・ブラック)には、『愛しのローズマリー』(02年)などでもジャックの吹き替えを務めてきた高木。「前作『ジュマンジ』では、カール役で吹き替えさせていただきました。この映画の世界観に興奮したのを覚えています。今回は、僕が多くの作品で声を担当しているジャック・ブラックが出演していることもあって、昨年の米国の封切りの時から気になっておりました。オーディションに受かってホッとしました(笑)」とコメントを寄せた。

 そのほか、チビで足が遅い動物学者・フィンバーを伊藤、タフな美女戦士・ラウンドハウスを白石が担当。現実世界で学校の地下室で居残りをさせられていた高校生役にも人気声優が集結し、気弱なゲームオタク男子・スペンサー役に木村、セルフィー大好きうぬぼれ金髪美人ベサニーをM・A・O、勉強苦手で背が高いアメフト部のスーパースター・フリッジを武内が務める。シャイで地味で真面目なガリ勉マーサ役の水瀬は「吹き替えのお仕事の経験があまり無いこともあり、オーディションに合格した旨を聞いた際はとてもうれしかったです!」と喜び、「個性豊かなキャラクターたちが<ジュマンジ>の中でさらに魅力を増していきます。彼らが体験する大冒険をぜひ劇場で楽しんでください!」と呼びかけた。



関連写真

  • 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の日本語吹き替え声優が発表された
  • 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

オリコントピックス