• ホーム
  • 映画
  • 前田敦子、出演映画の原作者に気付かず「俳優さんかなと…」

前田敦子、出演映画の原作者に気付かず「俳優さんかなと…」

 女優の前田敦子(26)が17日、都内で行われた映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』(冨永昌敬監督)の初日舞台あいさつに出席した。同作は、「写真時代」「ニューセルフ」などの雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイを映画化。主人公・末井青年役の柄本佑(31)の妻を演じた前田だったが、「末井さんのことを知らなくて。この間、完成披露があったときに、(一緒に登壇して)『あ、末井さんだったんだ』って気付きました」と告白した。

【写真】その他の写真を見る


 出演が決まるまでは末井氏のことを知らなかったという前田。「完成披露で舞台に立って気付きました。だから、ちゃんとごあいさつできなかったんです。はじめまして」とこの日、改めてあいさつ。「馴染んでいたので、映画に出ている俳優さんかなとか考えていました」と申し訳なさそうにしていた。

 同作は、“実母が隣家の息子と不倫の末にダイナマイト心中”という体験を持つ末井氏の半生を映画化。柄本、前田のほか、三浦透子(21)、峯田和伸(40)、尾野真千子(36)、音楽監督も務める菊地成孔氏(54)らが出演する。

 主演の柄本は、劇中で女装にも挑戦。「末井さんから、『見えなくてもパンティーとブラジャーはつけたほうがいいよ。スイッチになるから』って言われました」と助言があったことを明かし、「この映画は最後の歌まで聴いていただくと完結するようになっているので、ぜひそこまで楽しんでほしい」と呼びかけた。



関連写真

  • 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台あいさつに登壇した前田敦子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)冨永昌敬監督、菊地成孔氏、三浦透子、前田敦子、柄本佑、尾野真千子、峯田和伸、末井昭氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 原作者の末井昭氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台あいさつに登壇した前田敦子、柄本佑 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台あいさつに登壇した尾野真千子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台あいさつに登壇した峯田和伸 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台あいさつに登壇した冨永昌敬監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス