• ホーム
  • 芸能
  • 吉高由里子が感じる女優業への違和感と幸福「勝手に嫌われて勝手に好かれる」

吉高由里子が感じる女優業への違和感と幸福「勝手に嫌われて勝手に好かれる」

女優の吉高由里子(29)が、日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(4月11日スタート、毎週水曜 後10:00)の原作小説を手がけたエッセイストの阿川佐和子氏とともに合同インタビューに出席した。検察官を主人公に置きながら“事件”ではなく仕事を通して成長する主人公に焦点を合わせた作品にちなみ、自身の仕事、“女優”について吉高は「特殊なもので。自己紹介しなくても知られてたり私は知らなくても相手は知っていたり。ちょっと不気味な職業」と彼女ならではの独特な言葉選びで表現した。

同ドラマの原作であるシリーズ小説を手がけ、最近では女優としても話題を呼んだ阿川氏だが、意外にも「小さい頃...

この記事の画像

  • 4月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』に主演する吉高由里子(左)と原作の阿川佐和子 (C)ORICON NewS inc.
  • 4月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』に主演する吉高由里子 (C)ORICON NewS inc.
  • 4月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』の原作を手がけた阿川佐和子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス